2018年06月18日

相続について考える。

倉橋隆行著「損しない相続 遺言・相続税の正しい知識 」朝日新書、¥799

部屋の片づけをしていて出てきた本。とにかく片っ端から読みはじめていた本のうちの1冊です。この本を購入した理由は、うちに財産があるから、ではありません(笑)。相続はむしろ「財産がないからもめる」とどこかで読んだか、知ったことがきっかけ。購入は2012年ですが、パラパラめくったらあまり読む気がしなかったので放置。このたび発掘された次第です。

強迫的に読もうと思ったので、たいして期待もなく読みはじめたのですが、これはよい本だった! もう、ざーっと流して読んでしまえ、と思ったのですが、読みはじめたらおもしろい! 結局最後までじっくり熟読してしまいました。有益でした!

著者の主張はただひとつ、「事前にきちんと準備しておきなさい」ということ。「きちんと」は「ある程度」でもよいので(笑)、とにかく準備。
被相続人も、相続人も、従前から財産状況を把握しておけば、余裕を持っていろいろな対策を打つことができる。いざ相続が発生したときでも、準備していたことを実行するだけだから何らあわてることもなく、相続税の申告でミスすることもない。なにごとも、備えあれば憂いなしである。 (p.86)
です。

制度的なことは、税制改正などで変わっているかもしれません。この本に書いてあることを誠実に実行しても対策として有効でないかもしれませんが、どれぐらいの相続財産があるのか、事前に調べておくことは疑いなく有効です。自分の親に、預貯金とかいくらあるの? と聞くのには勇気がいるのですが、近いうちどこかで確認しておきたいと思います。2012年購入の古い本で価値がないということはなく、今読んで、動き出すきっかけになった、私にとっては絶妙のタイミングで現れた本でした。

メモ。
相続対策は、短絡的な対応では、命取りになりかねない。長期的に技術を駆使して、対策し続けなければならないのである。 (p.99)
資産・負債のバランスシートの中で、相続税をマイナス資産として強く意識することである。そうなれば、プラス資産である土地や現金の有効な運用が必要不可欠になってくる。そして、不動産の運用収入を増やすということは、資産もそれだけ増えるのであるから、相続税も増えることになるが、無益な不動産を活用させることで、結果的に健全なキャッシュフローとバランスシートができてくるのである。要するに、その負債(相続税も含めて)の返済をまかなえるほどに運用収入を増やし、納税準備金として確保しておくということである。 (p.54)


損しない相続 遺言・相続税の正しい知識 (朝日新書)
損しない相続 遺言・相続税の正しい知識 (朝日新書)
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

読書計画

部屋を片づけていて、この部屋の中に40冊の未読の本があることがわかりました。どれも少しずつは読んでいるけど、全部は読んでいない。ちなみに書庫に行くと、読んでない本がさらに大量にありますが、いまここではおいておきます。Kindleにも、買っただけで読んでない本が多数。

読んでいないことには理由があります。買ったことを忘れていた、興味を失ってしまった、思ったよりむずかしい、文章が自分の肌に合わなくて読みにくい、などなど。

これらの本を月に4冊読めば、6月からの7か月で今年中に半分以上消化できます。5冊ならほとんどなくなる! なので、とにかく順番に読んでいこうと思っています。3月から5月の3か月間に大量のマンガの本を読んだおかげで(笑)、少なくとも冊数のノルマに追われずに読書ができるので、ゆっくりと読んでいこうと思っています。

年末までに、この未読の山が10冊未満にまでなれば、ごほうびとしてほしかったマンガの本を全巻まとめ買いしようか! Kindleで、ですけど。

たぶん、ざっと1/4ぐらいは、読もうと思えばすぐに読んでしまえる本。1/4は、がんばれば読める本。残りが大変かな…… 分厚かったり、読みにくかったり。

とりあえず、6月になったら、たまっている本を読んでやろうという気になったのですが、机に積んでみたら、なんかげっそりしてきた…… ま、1冊ずつ1冊ずつ。そして、内容が頭に入ったかどうかは別として、最後までページを繰る。これは課していきたいと思っています。
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

人生は短い。堀正岳著「ライフハック大全」

この本の存在を知ったのは、部屋の片づけをしているときでした。部屋を片づけるというのは、わたくしにはとても苦手なことで、でも必要なことですよね。何かのヒントになればとの思いはあったので、立ち読みしました。

堀正岳著「ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250」KADOKAWA、¥1,620

今月、すでに書籍購入予算を使い切ってしまっているので、どうしようかと思っていたのですが、「はじめに」で、
小さなことを繰り返すことで、大きな成果が得られる。(p.002)
というのに感動しました。

もともと、堀さんのライフハックサイト「Lifehacking.jp」はよく読んでいて、共感したり納得する部分が多かったことがあります。その上で、あらためて本というかたちになったものを読んでみて、とても学ぶところが多く、すぐに実践してみようという気になりました。というわけで、購入を即断。
人生を何らかの形で変えたいなら、すぐに実行することができる、最も速い方法は「時間の使い方を変える」ことです。(p.018)
平均的な時間の使い方からは平均的なことしか生まれません。(p.018)
中を読むのは、実はこれからなのですが(笑)、読み終えたらもういちど取り上げたいと思っています。たぶん今月はまだ読めないと思うので、ちらちら眺めつつ、どこかでまとめたいと思います。

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250
ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

スペイン語を学びはじめる。

新しくスペイン語の勉強をはじめています。

以前から、スペイン語を学んでみたいと思っていました。スペイン語の他にも、いくつかの初学者向けの本とか会話用の本が、うちにはあります。何年か前に「すぐにはじめよう」と思って買ったのですが、手元にあると「いつかやろう」に変わってしまい(笑)、結局何年も放置していました。

子どもが、新学期に入ってNHKのテレビで語学講座を見ていて、いろいろな言葉に興味を持っているようです。それに触発されました(笑)。大学時代、先生からスペイン語は比較的に簡単だというふうに聞いていました。いくつかの言葉を学び、言葉を学ぶのは簡単ではないとわかっていますが、それでも新しい言語を学ぶということには魅力があります。

今回、まずは会話から。「30日で話せるスペイン語会話」で少し話せるようしばらく読んでから、「しっかり身につくスペイン語トレーニングブック(CD BOOK)」で文法を学んでいきたいと思っています。

どちらもCDがついており、発音が繰り返し学べるのは便利ですね。本当はネイティブについて学ぶのが一番よいのでしょうが、できるところからやっていきたいと思っています。ま、こういうのはなかなか続かないのが一番問題なのですけど(笑)。ゆっくりですが、まずは30日間続けたいと思っています。


30日で話せるスペイン語会話
30日で話せるスペイン語会話

しっかり身につくスペイン語トレーニングブック(CD BOOK)
しっかり身につくスペイン語トレーニングブック(CD BOOK)
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

睡眠に関する覚え書き

GARMIN(ガーミン) GPS アクティブトラッカー vivosport Slate バンドS/Mサイズ ( 光学式心拍 VO2max 活動量計 歩数 カロリー計測 ストレスチェック 睡眠 通知機能) 【日本正規品】 010-01789-70 Slate S/Mを使って、睡眠の様子は毎日記録しています(2017年のお買い物 その1: 「地に足のついた投資」を考え、実践する場)。ま、機械で勝手にするのですけど(笑)。

しょせん機械ですので、精度の問題はあると思います。装着して寝ているからとはいっても、全面的に信用はしていない。ずっと寝ていたのに、朝になったら、数十歩歩いていたりしますし(笑)。ですから、睡眠中の動きは多少割り引いて考えてよいのではと思っています。

睡眠の深さについては、その動きを拾って判断しているはずなので、いつも浅い眠りばかりです。本当にそうなのかな? たしかに熟睡できていないような気もするが、気にしすぎのような気もする。しかし数十歩歩いていると判断されるような動きを寝ている間にしているとすれば、それはやっぱり熟睡できていない証拠かもしれないですね。逆に、心拍数などは信頼してもよいのかな。

本屋には睡眠に関する本はいくつもありますが、読んだのはこれ。

SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術
SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

実践しているのは以下のことです。

(1) 寝る前にPC、ケータイ、テレビは見ない。睡眠の質が下がります。これは、たしかに言えると思う。翌日の日中なんとなくだるいような気がします。

(2) ケータイは寝室に持ち込まない。(1)と関連しますね。

(3) カフェインは午後2時まで。たまに「2時台」というときもありますが、少なくとも夕方には飲まないようにしています。

(4) なるべく身体を動かす。天気が悪くなく、かつ夜遅くなければ、一駅手前で降りて、4kmぐらい歩くようにしています。週に1−2回ですが。

よく寝るために努力し、朝になって「よく寝た」と思えるようにしています。努力は必ずしもガーミンからは評価されないのですが(笑)、それっまたよし!
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド