2018年06月07日

ハンディクリーナが便利。

先日から部屋の片づけを続けていて、だいぶきれいになってきました。ただし、見たくない書類などは引き出しやテーブルの下、カラーボックスの中などに押し込んでいて、肝心のものを見ていないということはあります(笑)。

掃除をしていて便利だと思ったのが、ハンディクリーナ。これまでの経験から、あの手のちっちゃな掃除機は使えないとの印象をずっと持っていたのですが、それはまちがいでした。あれはかなり便利!

机の上とか、整理用の箱の中とか、ちょっとしたところをちょっとだけ掃除するのにはよいです。吸引力もなかなか! バッテリは長時間は持たないので、連続で10分とか15分とかしたら使えなくなります。でも、かえってそれがよいように思います。片づけは、どうせ一度で終わらせようとは思っていないので、充電の切れ目が掃除の切れ目と割り切ってしまえば、あまり問題にはなりません。むしろ狭い面積のゴミとかホコリとかをちょっと吸い込めるのは、非常に使い勝手がよろしい。広い場所はコンセントにつなぐふつうの掃除機を使ってしまえばよいわけですからね。

というわけで、部屋のホコリはかなりきれいになってきています。ちょっと髪の毛を見つけたらすぐに吸う。棚の上のホコリもささっと。目についた時にすぐ取り除けるのは精神衛生上もよく、これなら部屋をきれいにキープできるのではないかと思っています。

よい点ばかりですが、問題もひとつ。音がかなりうるさい。夜遅くとか朝早くは使えません。これだけが難点です。サイズ、充電式であること、吸引力などは気に入っています。

ハンディクリーナー コードレス 掃除機 ハンディ掃除機 車用 充電式 カークリーナー 乾湿両用 壁掛け充電可能 収納バッグ付き 改良版
ハンディクリーナー コードレス 掃除機 ハンディ掃除機 車用 充電式 カークリーナー 乾湿両用 壁掛け充電可能 収納バッグ付き 改良版
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

部屋の片づけをしています。

本当に「何日かかってるんだ」と言われるのですが……

思い立って、部屋の片づけをしています。まだ1/3ぐらいだと思うのですが、とりあえず机とテーブルにスペースが生まれ、作業できるようになった。これまではただの物置でした(笑)。

何かの本で、「片づけのできない人が発達障害であるとは限らないが、発達障害の人は片づけができない」といったような記述を読み、はたと「自分は発達障害かもしれない」と思いはじめました。いろいろ思い当たる節もある。ま、多くの人は自分に思い当たる節があると思うのでしょうけど(笑)。ともかく、そういう動機で片づけをはじめました。

いくつか金目のものが出てきました(笑)。これはまず第一によかった。なくしてたことさえ忘れていたものも出てきました。懐かしい。「使える」ものも出てきました。そして、気分はすっきりした。一方、借りていたものが出てきて、返さなくてはと思うと気が重い……

また、たまっていた本の行き場をつくりました。もういちど読むかもしれない、取っておきたいと思う本は書庫へ。それ以外の本はブックオフに持っていき処分しました。こちらもなにがしかのお金になり、意味があったかなと思います。

そしてもうひとつの問題は、この状態がなかなか続かないこと…… モノは増えるばっかりで、減ることはなかなかない。こうして片づけをはじめ、それなりにやっていることを評価していただきたいと思っています(笑)。
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月26日

財務省事務次官氏のセクハラ問題について

政権を揺るがす、というか騒がすというか(笑)。財務事務次官のセクハラの問題について一言。

どんな状況であれ、女性に対して「手を握ってよいか」「抱きしめてよいか」ということはないと思う。もちろん「特別に」親しい関係をのぞいてだが。少なくとも仕事の相手だったり、同僚だったり、にはない。「全体としてみれば」という言い訳があるのかどうか存じ上げませんが(笑)。

しかしこの事務次官氏、徹頭徹尾「自分はセクハラはしていない」とおっしゃっている。この自信は一体どこからきているのか?

ふと思い出したのだが、自分の友人に、下ネタを連発するヤツがいた。「連発」と言っても男性の間だけ、しかも学生時代の話なので、たぶん今はそんなことないと思う。それなりに社会の中で立場もあり、活躍している様子を見るので、大丈夫だろうと思う(笑)。

ひょっとして、事務次官氏は、こんな人だったのではないかと思うようになった。まあ、女性に言う時点でアウトだと思うし、マスコミの女性と1対1で、外で会うという点でもアウトだと思う。だが、きっと本人は、時代感覚から外れているものの、悪気はなかったのかもしれない。もちろん悪気はなくてもアウトですよ(笑)。

そこで振り返って考えた。わたくしは職場で、女性の変化はなるべく口に出して言うようにしていた。「髪を切ったね?」とか。価値観ではなく、事実を。つまり、「髪を切ってかわいくなった」とか「よくなった」ではなく、「髪を切った」という事実。これならセクハラではないだろうと思っていた。しかし、相手が不快に思えばアウトなのでは? 「抱きしめてよいか」なら100%アウトだろうが、「髪を切ったね」も20%か30%か、はたまた1%なのか、そのあたりはわかりませんが、ともかく0%ではないのであれば、アウトではないか。

事務次官氏、わたくしに気づかせてくれた点は本当に感謝します。
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

読書について 追加。

ひと月に10冊の本を読むことについて以前書きました(読書について。: 「地に足のついた投資」を考え、実践する場)。

サイエンスを落としていました。理系科目は苦手ですが、科学の動向には関心があります。ふだんの生活でも仕事でPCやスマホに依存していますし(笑)、安全な買い物のために暗号は欠かせない。また、食べ物だったり医療など自分のこと、自然や天体など身の回りのこと、そのほかにもたくさんのことがらが「サイエンス」というくくりでくくられている。科学への関心はつきませんね。

ただし、本の購入については慎重であるべきだと思っています。できれば月に5,000円未満。昨年は結局月に5,000円以上購入していたので、今年は4,000円ぐらいに抑えたい。ブックオフは使わないので、借りるとか、Kindle比率を高めるなど、工夫する予定。それまでのことを思えば、月5,000円でもぜんぜん少なくなっているのですけどね(笑)。
タグ:科学 読書
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

おなかにカイロを貼って寝る。

夜にトイレで目を覚ます回数は、いろいろな努力で減ってきてはいましたが、それでも夜に目覚めることはありました。また、明け方はたいがい、トイレに行きたくて4時ぐらいから我慢しているという状態(笑)。朝寝過ごすことは、だからほとんどないのですが、ぐっすり寝たという感覚はあまりなかったです。

それが、このところはかなり快適に眠れています。おなかを冷やさないほうがよいと言われたので、「腹巻き」をして寝たら、まずこれはかなり効果があった。おかげで、夜トイレで目が覚めることはまったくといってよいほどなくなりました。それでも、明け方はトイレに行きたいという状態は続いていた。

決定的に変わったのは腹巻きをしてさらに「おなかにカイロを貼って寝る」こと! これはすごいです。これまでは「トイレに行きたいトイレに行きたい……」と思いながら、つまり意識はもう目覚めているのですが、でもまだ我慢我慢…… まだ大丈夫…… とか、思っていました。寝た気がしないですよね(笑)。今は、目が覚めてから「トイレに行きたい」という感じです。意識が戻ってから、トイレのことを思い出す。

カイロの注意書きを見ると、寝るときは使うなと書いてあります(笑)。低温やけどが心配ですね。私はミニサイズの貼らないタイプのカイロを腹巻きの間に入れています。パンツをはいて、パジャマがあって、その上に腹巻きがあって、その間にカイロが入っているので、これまでのところ低温やけどはありません。おへその下あたり、丹田のあたりにカイロが来るようにしています。特段に暖かいとか意識はしませんが、触るとたしかに暖かい。たぶん、ほんの少しだけほんのり暖かいだけなのですが、それで効果があるのでしょう。ガーミンで睡眠の深さを見ても、たしかによく眠っているようです。

寒い時期なので、今のところはこれでよいです。暖かくなってからはどうだろう? カイロはともかく、腹巻きをしたら暑くて眠れないかもしれません。でもまだ当分は、ぐっすり眠れることと思います。
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド