2009年06月12日

やるからには楽しむ

先日の「自分から取り組む」の続きです。なにごとにつけ、自分が深くかかわらざるを得ない状況というのはあります。何年か前までの私は、「いやいややらされる」という状況が数多くあり、そのたびにいやいややっていたのです。おもしろくなかったですね(笑)。「同じやらなきゃいけないんだったら、楽しくやったら」というのはことばの上では知っていても、「腑に落ちる」までにはいたっていませんでした。ああ、誰も自分のつらさをわかっちゃくれないなと。

 なんで自分に関係のない、こんなつまらないことをやらなきゃいけないのだという被害者意識。

 先日の庭の話ですと、庭は作ったときが完成形ではないですよね。庭ができたその後も、草木は生長していく。私たちも実は同じで、「これをやったら自分の成長が止まる」というようなものはない。何をやっても、そこから自分の成長へとつながる。「つらい」とか、「やらされている」ということとはまったく次元のちがう話です。

 自費で研修に出る。正直、お金はありません。しかし、10万円の研修で10万円の価値しか得られないよりも、20万、50万、 100万円の価値になるように、自分で価値を生み出すようにすべき。10万円の研修で5万、1万円分しか得られなければ、研修なんか出ないほうがマシということになる。それでは発展はのぞめません。「発展しないことはない」としても、その歩みはゆっくりでしょう。どこかで踏ん切りをつけ、お金を調達し、時間を作り出して、最初の一歩を踏み出すべきです。そして、やるからには身につくよう、努力する。もちろん、歯を食いしばってたえることは必要でしょうけど、やるからには楽しんで取り組みたいと思います。

【関連記事】
自分から取り組む
posted by zxcvaq at 05:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Lifehack | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

自分から取り組む

先日、勤務先のお客様で、さるご年配のかたとお話をする機会がありました。その中で、私たちが職場の庭の手入れができていないことを話し、庭を見ていただくことになりました。あわよくば、その方に手入れをしていただこうかと(笑)。そのかたは、とにかく荒れ放題の庭を見て、「これは自分にできる」、「これは自分にできない」というのを見ていらっしゃいました。断っておきますが、その人は庭のプロではありません。「これは何という木ですか」と名前を尋ねても、答えが返ってくるのは半分程度。残りはわからないとおっしゃる。不遜ながら、「これぐらいのかたなら気軽に頼めるな」と感じました。見終わってそのかた、自分が手を入れてもいいとおっしゃいます。ラッキー。私たちは、手を入れられた結果草木がダメになっても構わない、あわよくばそれを機に、庭なんかつぶしてしまえとさえ思っていたのです。私自身も草木にはあまり関心がありませんし。

 ところが話を進めていくと、そのかたはこうおっしゃるのです。庭の手入れは自分でするから楽しい。人が手入れした庭は、「ああ、きれいだね」で終わってしまう。でも自分で手を入れれば「自分の庭」になる。手を入れて失敗することもある。だが、ここはよかった、ここはもっとこうすればよかったと考えることは楽しいし、次につながる。それが庭への愛着であり、感動なのだ。だから上手下手は関係なしに、自分たちでやってみるほうがよいよ、と。

 確かに人任せはラクですが、自分に責任も生まれないし、感動も何もない。それでは本当につまらない。かかわる以上は、積極的に楽しんでやろうというのは私のモットーの一つです。端から関係ないと思っていましたが、私自身、ぜひ感動したいと思い、庭は私が直接手をかけることにしました。

 まずはそのかたに、考えかたを教えていただきました。来週あたりから葉っぱのついていない枝や枯れた枝をどんどん落としていき、低木にはさみを入れていこうと思います。大きいのはプロに任せますが、最初は私で。切り終えたあとの爽快感が想像されます。楽しそうです。そしてこれ、来年もその先もまた楽しめそうです!

 ところで、私は乗せられちゃったんですかね(笑)?

【関連記事】
やるからには楽しむ
posted by zxcvaq at 05:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Lifehack | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

ペンは何を使っていますか?

日常的に使うのは圧倒的にゲルインクのボールペンです。なめらかな書き心地、このボールペンをつくった人はすごい! 感謝です。

 ペンはインク残量が減っていくのが楽しいですね。最初のうちはそれほど意識していないが、だんだん減ってくると、もっと使ってやろうと。残り少なくなってくれば、使い切ってしまおうと。よけいにメモしたりして(笑)。替え芯は「箱買い」しているので、とにかくどんどん使います。同じことは5×3カードとか、京大式カード、はてはマインドマップ用のスケッチブックにも言えます。残り枚数が少なくなると、加速度的に書く量が増える(笑)。

 ところで、メモ帳に使うペンはどんなのがよいのでしょうか? 私は三菱のuni-ball SIGNOの黒、青、またはブルーブラックを多用しています。私は0.38mmが一番書きやすいように感じます。0.28mmは細くてよいのですが、耐久性に難があって、最後まで書ききったことがありません。筆記中に落として書けなくなったこともありますし、書いているうちになぜか使えなくなったこともあります。また、替え芯を2〜3回変えるうちに、キャップのペン刺しの部分が折れてしまいます。使わないようにしているのに、なぜ折れるのかかなり不思議なのですが(笑)。ラバーの部分もカパカパしてきて、結局また新しいのを購入してしまいます。ペン自体の耐久性が上がると、もっとよいだろうと思うのですが、このあたりは値段とのトレードオフですね。

 トラベラーズノートにはさむには細いペンのほうがよく、現在はPILOTのHI- TEC-C Slim Knockを使っています。これは0.3mmで、実は書きにくいのですよ。すぐにかすれる。紙に対して垂直に書くようにするとかすれは少ないのですが、調子に乗って書いているとすぐかすれてしまいます。ですから、会議などで筆記する際には別のペンで書いています。

 「いつでも、どこでも」書くために、濡れた紙でも、逆さにしても書けるという加圧ボールペンがありますね。私はトンボのAirPressというのを使っています。でも雨の中で書くことなんて少ないし、ペンを逆さにして使うこともほとんどない。であればやっぱり日常的に使うのはゲルインク。三菱にuni Power Tankという商品がありますが、これはなかなかいいのですけど、0.7mmと太い。せめて0.5mmなら考えてもいいのですが。理想をいえば 0.4mm。私は、日常的な筆記具では三菱がいちばんよいと思っています。子どものころの鉛筆からずっと、いちばんお世話になっているメーカ。というわけでぜひ、三菱にPower Tankの0.4mmを商品化していただきたいものです。

 それはそうと、PILOTのHI-TEC-Cの携帯版はまだ売っていますか? 最近文房具屋で見かけないような気がしています。替え芯がないので、買い直すしかない。オリジナルのHI-TEC-Cの使用途中品を切って使うことも可能だと思うのですが、いつも持ち歩いているのでかなりボロボロです。まっさきにゴムが切れる(笑)。私は太い輪ゴムを使っていますが、ちょっとカッコ悪いですね。今3本同時に使っていますが、ちょうどインクが切れつつあります。携帯用のペンで「使える」ものはないかと物色中です。

【関連記事】
トラベラーズノート
トラベラーズノートはイイ!
仕事の能率を上げる
国家の罠 その3
posted by zxcvaq at 07:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Lifehack | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

質のよい眠りについて

私は夜はなるべく早く帰るようにしています。子どもにあわせて寝るのも早い。ふつうの日はだいたい9時に布団に入り、10時すぎには寝るようにしています。健康的ですね(笑)。

 眠りに入るのは早いのですが、起きる時間がまちまちで、夜中に目が覚めるとそのまま眠れなくなるというパターン。1~2 時ごろに目覚めてしまうこともありますし、3、4、5、6時、いろいろです。基本的に目覚ましをかけることはなく、自然に目覚めるのですが、一度目が覚めるとそのまま眠れないことが多いです。心配事があると目が覚めるのはわかるのですが、特に何もなくても目覚めてしまうことがありますし、トイレと関係あることもあれば、ないこともあります。

 子どもが泣くなど、こちらで予測できないケースはしょうがない。しかしトイレで目覚めるのはくやしい。そこで寝る前の水分摂取を控え、寝る前には必ずトイレに行ってから眠るのですけど、それでも夜中に2回ぐらいトイレに行くことがあります。これはいったいどうしたわけなのか? 薬を飲むとさすがによく効きますけど、できれば薬には頼らず、自然に眠くなりたいですね。

 睡眠についての情報はいつも集めていて、最近では日経ビジネスオンラインの「奥田弘美の「うつ」にならないためのメンタルヘルス講座」の質のよい睡眠につくための5つのコツ 、あるいはGIGAZINEのここまですれば眠れるはず、深い眠りに達するための24の方法などをチェックしています。

  ねむログというサイトを見つけました。自分の睡眠を記録できるサイトです。試みに10月と11月(今朝まで)の記録をつけてみました。11月はこれまでのところ、1日平均で6.4時間、10月は6.7時間でした。眠っている時間をグラフにすると、10月はすきまがけっこう空いています。目が覚めて眠れなかった時間です。すきままではいかなくても、いろんな理由で睡眠が分断されている様子がよくわかります。

 私の睡眠記録は2年以上ありますが、データにするのは大変なので、ぼちぼちとやっていこうと思います。

【関連記事】
ストレスについて
THE 21 2008年10月号 その3
posted by zxcvaq at 06:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Lifehack | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

場所の確保

読書時間の確保のために、できれば会社や家以外の場所に拠点を確保したいと思っています。さらにPCが使えるとベターですね。

 条件は、
(1) お金がかからないこと。
(2) 静かである。
(3) 家や会社から遠くない。
(4) 行きたくなるような場所であるが、帰りたくなくなるのも不可(笑)。
(5) エアコンディションが効いているとよい。
ぐらいでしょうか。今の季節はまだよいですが、もっと寒くなるとたいへんですので、外気にさらされているような場所は不可(笑)。雨降りのときは使えないということがないように(笑)。夏だと神社の境内などは結構使えると思っているのですが、明かりがなくて…… 照明がコントロールできるとよいのですが。

 ファミレスのような場所はなかなかよいですけど、あそこも少額とはいえお金がかかる。実は会社のそばにすごくよい場所を発見したのですけど、これは夕方早い時間で閉まってしまう。公立の施設で、お金はかからないし空調バッチリだし、いうことないのですが…… 税金の無駄遣いとさえ言われていますので、せめていくばくかなりと私が税金の元を取って差し上げられたらと思ったのですが(笑)。ちなみにこの施設、施錠はしていないので、寝に行くことはできるかもと思っていますが、さすがに警備のかたが巡回されたりはするでしょうね(笑)。

 さて、大学内もなかなかよいですね。学生が集まるような場所は基本的にお金もかからないですし、私も定期的に利用しています。一部の場所では無線LANが使えるところもあったりして、これはいうことない! 図書館ももう少し遅い時間まで開いているといいのですけど。こちらも一部無線LANが使えます。美術館もいいですが、あれで机があるとなおいいですね!

 「図書館」が最強だろうと思うのですけど、他によい場所がないか、開拓していきたいと考えています。

【関連記事】
頭のいい人がしている午前勝負の仕事術
posted by zxcvaq at 07:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Lifehack | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド