2008年05月25日

くだらない会議 その2

昨年の8月のブログでくだらない会議のことを書いていましたが、「ほぼ同じ構成の団体」の会議に先日出席しました。忙しいさなかで、無理をして出席したのですが、これがまた輪をかけてくだらない会議でした。

 それは「ある一人の担当者を糾弾する」という非生産的な会で(笑)、「おたくはどんなひどい目に遭わされましたか?」と発言しあう会。アホがうつるとマズイと思いましたので、私は自分の立場だけ表明して、あとは語学の勉強をしていました。出席者が20人程度でしたから、私の態度はかなり目立っていたと思いますが(笑)。

 担当者を変えてほしいとか、自分の能力は棚に上げて特定の人をなじるまったくくだらない会。担当者に能力がないことに苦情を言うならまだしも、態度を改めてほしいとか、言葉づかいに気をつけろとか、その人が自分の都合ばかりを押しつけるとか、私にとってはどうでもいいことばかりでした。これは私が勤める業界に特有なのかもしれません。だいたい会議が、充実したすばらしい内容だったということがあまりないですね(笑)。研修の中には有意義なものはたくさんありますが、会議はダメ。

 ちなみにこの会にはくだんの担当者は出てきていらっしゃらず、その上司のかたが出席されていたのですが、この上司もまた最悪。一緒になって担当をなじっていました。上司なら部下を守るのが仕事だろうと思うのですが、その意味で彼は給料の働きすらしていないと思います。こういう人とは正直、いっしょに働きたくない。

 ところでこの会議の日、帰りの車で、信号という信号にすべて引っかかりました(笑)。私もこの会議に文句ばかりつけていましたが、ひょっとしたら自分のことも振り返って冷静に見つめてみなさいという天の配剤なのかもと、ふと思いました。こういう場所でも上手に空気を読んで振る舞える人になれたら、きっと私も出世できるハズ!?

【関連記事】
くだらない会議の典型
タグ:信号 会議
posted by zxcvaq at 06:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド