2008年05月24日

すべてを記録する−仕事編

すべてを記録することに関連して、今度はぜひ仕事中の時間の割り振りを測定してみたいと思います。どの仕事にどれぐらい時間を使っているか、無駄に使っている時間はどのくらいあるか、こういったものを客観的に計ることができたらと思います。いつもではありませんが、「よい時間の過ごしかたができたな」という日があります。必ずしも仕事だけに打ち込んでいたのではなく、休憩時間や、ダラダラした時間も含めて、よかったと思うとき。全体として急な仕事にも対応でき、決めた量の仕事はこなし、気分的にもスッキリできたようなときが、たまにあります。逆にノルマもこなしたし、それなりの成果も出したけど、疲れるだけの日もあるような? とりあえずはそんなことを記録にとって、調べてみたらおもしろいと思いました。しかし、実際記録を取り始めたら、仕事どころではないような気もします(笑)。

 仕事中はPCに向かっている時間が一番長いのですが、来客の対応をすることもありますし、たまに外部の会議などに出席することもありますので、PCだけで記録するのは大変かと思います。まもなく5月も終わりますから、文房具屋で4月始まりのスケジュール帳が安くなっていれば、アナログの出番! ボイスメモを使うのも手かと思いますが、仕事中にICレコーダに向かってしゃべるのは、他の人から見たらちょっと気味悪がられるか(笑)。

 以前、仕事時間を記録するのは考えたことがあるのですが、ちょっと想像するに、非常に面倒くさそうな気がしていて、二の足を踏んでいます。そのときどきで記録していくなんて、大変だろうなと。ともかく、一度は試してみたいと思っています。

【関連記事】
すべてを記録する
小さな幸せ
posted by zxcvaq at 08:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Lifehack | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド