2008年05月11日

iPodに著作権料を課金

先日ニュースでiPod等の携帯音楽プレーヤに「著作権料」の一種を課金する可能性があるとのニュースを見ました。課金自体でハードの値段が上がるわけではないかもしれず、するとメーカがその金額を負担することになるので、メーカは導入に反発しそうだとのこと。

 実はこのニュース、きちんと理解していないのですが、著作権団体は10回までのダビングを容認する代わりに、この課金を認めさせたいようです。またPCや携帯電話にはこの課金は行わないとのこと。

 iPodなどの携帯音楽プレーヤは、もちろん著作権物をダウンロードして聞くことはあるのですけど、それ以外にも自分で録音したレッスンだったり、自分の勉強用に吹きこんだ音声などにも使うわけで、著作権料を一律に支払うというのは個人的にはしっくり来ませんが、著作権者の権利を守るために支払うというのはしかたのないことなのでしょうか。著作権の問題は私自身が勉強不足ということもありますが、もともと著作権法ができた当時と時代背景が変わっていて、そぐわないモノになっているといわれています。法律を新たに作り直すというのは現実的ではないのでしょうけど、ある程度納得のいくものに変えるような考えがあってもいいのかもしれませんね。私はCDやDVDなどのレンタルは利用しませんが、ブックオフなどはよく利用します。こういった部分も含めてよく考える必要があるでしょう。
posted by zxcvaq at 07:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド