2008年05月03日

PRESIDENT '08.2.4.

PRESIDENT (プレジデント) 2008年 2/4号 [雑誌]は、2008年最初の号だったようです。特集は「全予測 働き方、生き方、稼ぎ方」。これ、最近ではかなりおもしろかった特集のひとつです。仕事、家族との関係、健康、マネー、いずれも無関係ではない設問が設定されており、かなり切実な思いを持って読みました(笑)。

 まず仕事編。頭の固い上司を説得する方法、同じチームで成果を数倍にする方法などは参考にしたいところです。ちなみに私は、上司にも同僚にも恵まれていますし、また数倍の成果を求められているわけでもありませんけど(笑)。
 家族との関係についても、参考になる部分が多い。地震・災害の時の家族との連絡方法などは、下手すると明日にでも必要になるかもしれません。家族の間で徹底しておかねばなりません。もっともうちの場合は、私一人が遠くに勤めていまして、あとは歩いて移動できる距離の中で暮らしていますけど。
 身に覚えのない痴漢行為への対応も、ひょっとしたら参考になるかもしれません(笑)。このページ、そのままコピーしてノートに貼り付けておきます。駅の事務所に行ったらもう致命的だそうで、これは意外です。また休日でも仕事が気になることへの有効な手段として、「記憶しない」は大切なことだろうと考えています。

 健康編。レコーディング・ダイエットの岡田斗司夫氏が登場します。1年で60kgやせたらしいですが、急激な体重の変化は身体に良くありません。しかしこれはかなりびっくりしますね。私も彼の著書を立ち読みしましたが、帯の写真には驚きました。また、東京マラソンを走るための準備も参考になります。長い距離を、息を切らせずに走れるようになりたいです。少なくとも、子どもの野球につきあえる程度には体力をつけたいと思っています。娘に言わせると、私はすでに加齢臭が漂っているらしいですし、老眼も始まりつつあります(笑)。

 マネー編。橘玲氏が執筆しています。他にも人民元切り上げの話、海外金融商品の運用についても述べてあります。海外に投資している人や預金している人はずいぶん増えていると思いますし、仮にそこまで行かなくても、外貨建ての資産を持っている人は少なくないことと思います。まだの人、どうぞ参考に。

 これに関連して、「マネーの新流儀」ではドバイ株への投資について紹介してあります。少額ならリスクヘッジになるでしょう。円が高いうちに買っておけばリターンをあげることにつながるだろうと思います。ただ、ここにあげてあるドバイ株のリスクについては、大した問題ではないような書きかたがしてありますが、本当にそうですかね? むしろ大きなリスクであるように感じます。その次のページには大前研一氏が登場していて、「世界中の投資家が中欧に注目している」との記述があり、節操ないなーと思わず苦笑いしてしまいます。「農地への投資」とは、おもしろいですね。このあたり、日本は出遅れたと書いてありますが、そうはいっても商社は何かしているのではないでしょうか?

 このほか、知的武装講座、ジョン・ウッド氏、会社考現学など、どのページも充実していて読み応えがありました。
posted by zxcvaq at 06:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | PRESIDENT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド