2020年03月16日

新聞を読むことについて。

うちの子は「新聞を毎日読んでいる」と自分で言っていて、思いついたのでメモ。


佐藤優著「知の教室 教養は最強の武器である」{文春文庫)で、
これからの時代、中産階級は二分化されて、上層は富裕層に近づき、下層はプロレタリアートに近づくと思います。その分水嶺が「新聞を読んでいるかどうか」になってくるでしょう。 (P244)
日本の場合、一般紙のほとんどが高級紙ですから、新聞を読んでいる=アッパーミドル以上です。それに対して、ネットとスマホに頼っている人は将来のプロレタリアート予備軍。つまり上に行きたかったら新聞を読めということ。 (P247)
と言っていました。家で新聞を取っていない人は職場にもたくさんいます。特に若い人。家に高齢者のかたがいたりすると、それでも新聞購読の割合は増えるような。


仕事で文章を書く機会があります。仕事をする上で記録しないということは、たぶんほとんどの仕事ではないでしょう。なんらかの「書く作業」というのは必ずあると思います。その中で「自分は文章を書くのが苦手」という人がいます。また、自分の子どもが成績が悪いけど、どうしたら上がるのだろうかと同僚同士で話しているのを聞くことがあります。これ、ぜんぶ同じ問題のような? あなた(=親)が新聞をきちんと読めば、自分でも文章が書けるようになる。また、子どもの成績も上がるような気がします。


「文章が書けるようになる」と言っても、別に作家になるわけでも、まして新聞記者になるわけでもありません。しかし主語と述語が対応し、最低限意味のわかる文章にはなる。あるいは読み返して、「主語と述語が対応していない」ということはわかるようになるでしょう。これがわからないような人もいるのです。


朝日新聞を否定するかたがいらっしゃいますね。一方で産経新聞を非難するかたもいらっしゃる。朝日新聞は入試問題などでもよく使われており、大学関係者なども読んでるいわば「インテリ新聞」なのかもしれませんが、産経新聞であっても読む価値は十分にあると思います。ただし、スマホやPCで読むのではなく、ペーパーで読むことが大事だと思います。画面で読む文字はあまり定着しないような? 紙の新聞は、第一面から最終のテレビ欄までぜんぶ目を通しますよね。読まなくても、目は通す。これが必要なのではないかと思っています。政治・経済・文化・スポーツなどひととおりのことに触れてあり、広く浅く世間で起こっていることに気づけると思います。覚えていなくても、「どこかで読んだ」と思えることは大切ですね。


新聞を読まなくても文章は書けるようになるかもしれませんし、新聞を読んでも成績は上がらないかもしれない。それでも、新聞は読むべきです。批判的に読むことが大事だと思いますが、まずは新聞をとることから。新聞は終わったメディアだとも思うのですが、それでも新聞を読むことには意味があると考えています。
タグ:成績 新聞
posted by zxcvaq at 22:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
タグクラウド