2020年02月09日

読書管理について

メモ。

冊数の管理では「ブクログ - web本棚サービス」を使っている。買った本も図書館で借りた本ももらった本もみんな入れられるので、読んだ本を管理するのに便利。「今月、本代にいくら費やしたか」といったことがわからないのは不便だが、最近本はあまり買わないことにしているので、これで今のところ問題ない。「月に10,000円まで」などとコントロールする場合には、また別の方法が必要か。

引用ができるのは便利。読み終わった本は引用した語句と一緒にEvernoteに入れているが、「Evernote Web Clipper」が期待しているように動いてくれないことがある。これはなんでだろな? 引用した文章は何かの折に引用したくなるので、Evernoteで一元管理。ふだん持ち歩いているiPhoneで、これがうまく検索できないと不便。いつも必要なわけではないが、必要なときには使えないとね。

今月何冊読み終えたか、何冊を読みはじめたかなどはこれで管理できる。でも、過去に登録していた本を今月になって読みはじめるということは少なからずあって、そういうときには登録と読みはじめる取りかかりが一致しない。そんなものかと思えばそれでよいのだけど。

昨年末からiPhoneに「Day One」をインストールしている。「ジャーナル」というソフトで、日記として使っている。これに読書記録をつけている。特にルールを決めて書いているわけではなく、「何ページ読んだ」とか書いたり書かなかったり、感想をちょこっと書くこともあるし、読書にまつわるメモを残している程度。「Day One」は他のことでも便利に使っているが、読書についても使いやすい。


posted by zxcvaq at 22:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
タグクラウド
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。