2019年02月04日

snippet登録して便利に使う。

ScanSnapを使っています。金融機関から毎月のように送られてくる書類があって、タイトルをつけるのが面倒くさいと思っていました。年月以外はみな同じようなものなのですが、自動で読ませるとうまくつかないのです。標題のあたまに企業のロゴマークなどがあると、なんだかよくわからないことになる(笑)。

最初のうちは、それでも律儀に打ち込んでいたのですが、だんだんめんどくさくなって、タイトル付けが嫌でスキャンをやめてしまおうかとすら思った(笑)。

たまたま、「ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250」に、TextExpanderというスニペットのソフトについて書いてありました。スニペットとは、短い断片(スニペット)を入力して、長い文字列に置き換えてくれるものです。このソフトの存在は知っていましたが、自分にはあまり縁がないこと、それに今では月額いくらのサブスクリプション制が導入されているため、まったく考えていませんでした。ですが本の中でスニペットはアプリケーションでも提供されていると知り、試してみました。「Dash」というソフトです。無料(笑)。←大事ですね!

これは便利! 2、3の打鍵で、文字がずらずらと出てくれます! これは楽しい! そして、これは使えると思いました。
翌日から、職場でも利用しはじめました。長くて定型の文章があるので、ジャンジャン登録して一発利用! このソフトがすばらしいのは、ATOKを起動したままで使えます。日本語入力モードをオフにしなくても使えるのがすごく便利! 短い単語から長い文章まで、日に複数回入力するような文字は登録してやるとよいです。文章の長さではなく、頻度。今の仕事で使っているソフトは、同じカタカナで全角と半角が混在させなくてはならないことがあって、学習がうまく働かない。そんなときに便利です。

たとえ文字数は少なくても、入力した瞬間に漢字に変換された文字列が現れるのは快感です。同じ文字列を何度も打つ場合、それが1種類ならコピーペーストで用が足せるのですが、複数ある場合には、コピーの履歴を保存しておけるソフトを使っても、少し面倒だと感じます。スニペットならそれはない。文字列の種類が増えると覚えるのが大変ですが、自分の中でルール化しておけば対応も可能。「今日はよい天気です。」という文章なら「'ky」(「今日は」のk、「よい」のy)、「今日はすばらしい天気です。」という文章なら「'ks」(「今日は」のk、「すばらしい」のs)などと決めておけば、類推も簡単。多くの文章に対応できます。

定型化した文章や単語を何度も何種類も使うような場合にはオススメです。
posted by zxcvaq at 22:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
タグクラウド