2019年01月06日

ドキュメントスキャナ ScanSnapを購入した。

以前から必要で、早く手に入れなければと思っていたドキュメントスキャナをようやく購入した。昨年の年末です。

ずっと、EPSONを買おうと思っていたのですが、土壇場で富士通 PFU ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1500 (両面読取/ADF/4.3インチタッチパネル/Wi-Fi対応)に変更しました。堀正岳さんのブログ「タッチパネルを搭載した新型ScanSnap iX1500が登場。文書管理を簡単にするScanSnap Homeも発表 | Lifehacking.jp (conoha)」を読んで決めました。価格は安いほうがよいので、EPSONにしようとずっと思っていたのですが、新しいほうが機能的には上ですし、実績のあるScansnapのほうが絶対によいだろうと。堀さんのブログが決定的でした。

Scansnap iX1500には液晶タッチパネルがついており、ボタンを設定して読み込ませることができます。私の場合はすべてEvernoteに取りこむ設定をつくり、どんどんスキャンしました。棚に占める書類の割合がとても高かったのですが、おかげでだいぶ減らすことができました。捨てるに捨てられなかった年賀状の処分が、ようやくできました。なかなか捨てられませんでしたが、これでOK! 直近2年ぐらい残して、あとは処分です。ちなみに今年は自分の書いた年賀状もスキャンしました。ダブって出す恐れがなくなり、また来年になって「去年何を書いたかな」と悩まなくて済む(はず)。

書類廃棄のルールもつくりました。年ごとのボックスを作り、書類を年別に放り込みました。3年ほど経ったら、ボックスの中身をまるごと捨てる。これで書類の保存についてあれこれ悩む必要はありません。分類はせず、時期が来たら自動的に捨てる。別に、契約関係の書類など、捨てられないものはわけて保存しています。金融機関から届く投資信託の状況の報告書なども、いちおう取っていましたが、これもかなりの量を捨てることができました。スキャンしたからといって見直したりするわけではないですけどね(笑)。

ドキュメントスキャナはとても便利で、もう1台持ち運びできるタイプを買おうかとすら考えています。会社に持っていき、必要な書類をどんどんスキャンする。できるとよいなと思っています。

富士通 PFU ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1500 (両面読取/ADF/4.3インチタッチパネル/Wi-Fi対応)
富士通 PFU ドキュメントスキャナー ScanSnap iX1500 (両面読取/ADF/4.3インチタッチパネル/Wi-Fi対応)
posted by zxcvaq at 22:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
タグクラウド