2018年11月20日

Workflowyはすばらしい!

アウトライナー、またはアウトラインプロセッサと呼ばれるものがあります。以前から興味はありました。いや、ずーっと興味があった。そうは思いつつも、長い文章を書くわけではなく、せいぜいブログを書くぐらいでしたので、必要性はあまりないかなとも感じていました。

堀正岳著「ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250」に、「HACK154 アウトライナーで、マクロとミクロの思考をつなぐ」という項目があります。ここで「Workflowy」というソフトが紹介されていたので、使ってみました。

わたくしは社内で、毎月の広報誌を担当していています。すでに何年にもなっているので、ネタがつきてきまして、テーマを決めて1年間書くことにしました。今年からはじめていて、しかし相変わらず「今月は何を書こうか」と期限に追われる。Workflowyを使ってみました。

するとどうでしょう、するすると残り半年の骨格ができあがり、あっという間に(笑)来年2月の分まで書けたではないですか! 全体感を見ながら書けるというのはなんとすばらしいことでしょう!

いい気になった私は、来年の広報誌のアウトラインまで作ってしまいました(笑)。1年を通じた連載の概要を俯瞰的に眺めることができ、行き当たりばったりではなく、流れを意識した1年間の連載になるように思います。アウトラインさえできていれば、あとは文字を埋めていくだけ。文字数を調整するだけという印象です。今後、期限に迫られて書くとしても、何を書こうかと悩むところは減ってくると思います。

項目をあげていき、骨格を固めていき、章→節→その下へとブレイクダウンしていくのですが、逆もまた可能。考えて、もう少し大きな項目にしようと思えば節にあげたり、章へと格上げしたりすることもできます。順番を変えるなども簡単。

Workflowyでもうひとつ特筆すべきは、Mac、iPad、iPhoneと同期が取れることです。自宅にいるときにはiPadをサブモニタとしてWorkflowyに表示しておき、Macで執筆するとか、外でもiPadでWorkflowyを表示させてiPhoneで執筆、または逆にiPhoneに映しながらiPadで執筆ということもできます。これはかなり便利。

アウトライナーは「アイデアを整理するためのツール」(前掲書、p195)とありますが、今ではこれが私の思考そのもののような気もしています。使ったことがないというかたも、ぜひ一度使ってみられてはいかがでしょうか。Web版があり、Mac版、iPadやiPhoneなどのバージョンもあります。

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250
ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250
posted by zxcvaq at 22:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
タグクラウド