2017年03月13日

確定拠出年金ですよ!

山崎元著「確定拠出年金の教科書 」日本実業出版社、¥1,512

確定拠出年金は、やらなきゃ損です。多くの人ができるはずなので、とにかくやって下さい。
税金を減らすことにより「(ほぼ)確実に! 儲かる」と言うことが可能な点が素晴らしい。嘘やハッタリでなくこう言えるものは、金融の世界にあっては滅多に存在しない。無視するには「もったいない」貴重な制度なのだ (p.18)
とまでおっしゃる、こんな制度が他にあるだろうか? いや、ありません! 掛け金は全額非課税になり、所得税や住民税が減るので、本当に「税金分が確実に儲かる」制度なのです。おまけに利益に対する課税がなく、年金支給時にも控除を受けられます。

税金以外のメリットもありますので、本書をぜひ手に取ってみて下さい。

また、私は公的年金制度はいずれ立ちゆかなくなるだろうと想像していますが、
公的年金制度が将来に向かって「厳しい財政状態」にあることは事実であり、現在、年金を受け取っている世代と同程度の年金の「使いで」は、この本の読者が年金を受け取る頃には無い公算が大きい。だが、公的年金が無くなる訳ではないことに注意されたい。 (p.43)
にも注目しました。たしかに、ゼロになるのでなければ、なにがしかもらえるように、制度にコミットし続けておくべきだと思います。
老後は生活保護でいいと本気で割り切る人には説得の言葉がないが、仕事があって、そこそこの所得が見込まれる人は、公的年金に加入する方が得策だ。世代的に「もともと損」であることに立腹して、「更に損!」な状態に陥るのは、賢明ではない。 (p.45)

確定拠出年金やNISAの制度拡充は国からの、「公的年金では不足だと思う国民は、自助努力で老後に備えて下さい。そのための制度は用意してありますよ」というメッセージなのだ。 (p.92)


まだ子どもにこれからお金がかかり、老後のための蓄えができる状態ではないのですが、この確定拠出年金は現在進行形で、かなり当てにしています。現在、個人型で拠出できる最大の金額を拠出し、「合理的に一つに決まる運用」を続けています。多くのかたが確定拠出年金をはじめられたらよいと思っています。

確定拠出年金の教科書 -
確定拠出年金の教科書 -
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447559146
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
タグクラウド