2017年03月06日

この本が学生時代にあれば……

山崎元著「偏差値「10」の差を逆転する 時間と努力の投資理論 」星海社新書、¥994

よい本でした! あとがきで、筆者が
われながら、ずいぶん役に立つ本ができた! はなはだ手前味噌ながら、これが本書の自己評価だ。かなわぬことだが、学生時代にこの本を読むことができたなら、筆者自身の人生はもっと有意義だったにちがいない。(p.281)
と述べているとおり、子どもに読ませてやりたいと思いました。偏差値の差は10なんてものじゃありませんけど(笑)。一方、先ほどの引用は、
だが、それは同時に、本書が、筆者にとってほろ苦い反省の書でもあることを意味している。(p.281)
と続きます。まさに、私自身が、振り返って反省の海におぼれそうになります。

多くの部分に共感しながら読みました。最初に就職した会社では、私が「一橋大学と学習院大学の差」の、まさに学習院にたとえられるようなポジションにいましたので(笑)。会社によっては(特に銀行)、最初から偏差値10以上の差が埋まらないところがあるので、要注意です。
偏差値がそう高くない大学からも、大手の銀行には年に1、2人くらい内定を取る学生がおり、彼らは、就職活動の成功者として嬉しそうにしているのだが、彼らにとって、将来の長きにわたって出身大学が重いハンディキャップになることを想像すると、筆者は教師として憂鬱だった。 (p.31)

私は銀行には勤めませんでしたけど、似たようなことはどこの会社にもあるでしょう。最初に勤めた会社には、こういうことがありましたね。私が今勤めている会社にはないですけど(笑)。

さて、共感した部分はたくさんあります。
誠実に見え、聡明であり、本人も元気な上に他人をも元気づけ、かつ愛嬌を持つことができるか。これは長い人生をかけてもなかなか完成に至らない道だが、しかしそれを学生時代から意識しておくことは決して無意味ではない。 (p.150)
など、自分自身いまだに発展途上です。しかし、この本に書かれているようなことを知らないでいることと、やらないまでも知っているのとでは大きな違いがあると思います。子どもはたぶんサラリーマンになると思うのですが、「そういえばあの本に書いてあったな」と将来感じられたらよいだろうと思います。

どのみち将来スーツを着る仕事を希望するのなら、就活のときにいきなりスーツやワイシャツ、ネクタイを揃えるのではなく、1〜2年生のうちからスーツを着る機会を意識的に作ってスーツに慣れておくのが上策だ。 (p.87)

大学生になると高校とは違うレベルの人間関係が生まれてくるのだが、実はそれは社会人になってからも持ち越されることが多い。そのため、大学ではどういう人間関係を築くか、あるいは人間関係に関わる能力をどのくらい高められるかは、大学4年間の大きな課題だと理解しておくべきだ。 (p.143)

これは筆者の考えだが、「自分か何者であるか」ということを話を盛り気味にアピールするよりも、ごくごく素直に、「相手に対して深い興味を持っている」という姿勢を打ち出したほうがいい。 (p.216)


一つだけ。誤植というのでしょうか、PCの変換ミスのようなまちがいが何か所かありました。最初は気のせいかと思いましたが、なかほどのところでしたか、「手迷惑」といったことばが出てきたり、「、。」と続く箇所があったりしました。残念。初版だからでしょうけど、校正の方がもう少し注意して見ていらっしゃればと思います。最低でも3箇所はおかしなところがあったように思います。

偏差値「10」の差を逆転する 時間と努力の投資理論 (星海社新書) -
偏差値「10」の差を逆転する 時間と努力の投資理論 (星海社新書) -
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド