2017年02月20日

「平和と紛争学」という学問。

伊勢ア 賢治著「テロリストは日本の「何」を見ているのか」幻冬舎新書、¥864

アメリカ合衆国の第45代大統領に就任したトランプ大統領。就任前から現在にいたるまで、さまざまな問題を引き起こし、アメリカのみならず世界中を混乱に陥れていると言えるようです。保護主義的な政策はうまくいかず、アメリカの凋落がいっそう深まるのではないかと私は思っています。損をするのはアメリカなのではないかなと思っています。移民の制限も、うまくいくはずがない。

それはともかくとして、私はトランプ大統領に期待していることがあります。それは、日米関係がまっとうなものになること。日本で、沖縄だけが「一人負け」の状態をいつまでも放置していてよい訳がない。でも沖縄以外の地に基地を移転することには反対。そんな議論の中で、トランプ大統領が「日本はもっと経費を負担しろ」と言い出した。これは、実はよい機会なのではないかと思います。米軍関係者などによる事件が起きるたび、日米地位協定のような、納得しがたい状態が続いてよい訳がない。中国の海洋進出、あるいはいわゆる「台湾有事」を考えたときに、沖縄が戦略的に最適な場所にあることは、その通りなのでしょう。有事の際に佐世保や岩国から出るより、沖縄から出るほうがよいのだろうと。しかし、沖縄の人が犠牲になる「事件」が起きるたび、「これはまちがっている」と思います。犯罪者が正当な裁きを受けず、アメリカへ帰って行ってしまうのは、明治初期の不平等条約のころと変わっていないと強く思います。これを機会に、日本の米軍基地に対する経済的負担を増やさず、沖縄の負担を減らすようになってほしいと願っています。

さて、この「テロリストは日本の「何」を見ているのか 無限テロリズムと日本人 (幻冬舎新書) - 」です。無限連鎖を続けているように見えるグローバルテロリズム。世界中を巻き込む大きな戦争は起こりにくくなっている一方で、恐怖をまき散らす「テロリズム」はなくなる気配がいっこうにない。一方、日本はすでにISなどから敵対視されている上、多くの原発を抱えてかなり危険な状態で放置されている。その中で日本ができることは何かを問い、考察しています。ゲリラに勝つために、民衆をこちら側に引きつける。そして、民衆が自らの安全と将来を任せられる優秀な傀儡政権を作ること。そのための米軍のふるまいを定めた「COIN アメリカ陸軍・海兵隊のフィールドマニュアル:Counter Insurgency)」、すなわち「対インサージェント軍事ドクトリン」の日本版を筆者は提唱しています。それは、日本がアフガニスタンでやっていたこと。安倍政権がアメリカの「手先」に陥らず、独自の日本外交を進めていけるよう期待しています。

メモ。
結局、原因は、「資源」の消費を可能にする「グローバル経済」なのです。自由主義経済は、必ず格差を生みます。それが国内で完結していれば、構造の犠牲となる下層は容易に可視化でき、福祉政策等のセーフティーネットの整備へと向かうのでしょうが、グローバル経済下では、その下層は可視化するには広すぎるのです。以後五智のいい生活を守りたい消費者の防衛意識は、彼らを都合の悪い現実から目を背けさせてしまう。情報や経済のグローバル化は、昔ならその地域に限定されていた「不満」をも国境を越えてグローバル化する。そして同時に、IS的なものを利してゆくのです。 (p.102)
軍事的に勝利できないとわかったグローバルテロリズムの時代を生き抜くには、「あちら側」のなかに「まともな敵」を見出して味方にしてゆくしか道がないのです。このなかで、私たちの「自由」の価値観をどうするのか? この問題から我々はもう逃げられないのです。 (p.118)
ただひたすら憎悪と復讐の感情にかられてテロリズムに対処すると、それを徹底して排除する方向に向かいます。しかし、そのテロの主謀が、ある宗教や宗派や民族などの属性で括られると、私たちは往々にして、その属性全体を嫌悪する傾向があります。ここが問題なのです。なぜなら、インサージェンシーであるテロリズムは、その属性を持つ民衆の中に巣くうからです。我々の攻撃には、こういう民衆を傷つけるリスクが、いつもつきまとう。だから、攻撃すればするほど、敵が増えてゆくという悪循環が止まらないのです。 (p.119)
つまり、人権とは普遍的な価値ではなく、時と場合によって都合よく使われるものだということです。これが思想としての、人権の限界なのかもしれません。 (p.126)
イスラム法には、欧米流の人権の考え方がありません。(中略)そういうのを見るにつけ、人権思想もまた一つの「宗教」なのだと思います。 (p.127)
狭い地球の上で私たちが生き延びていくには、たとえ軸になる価値観を共有できない人間が隣にいても、それを認める必要があります。そのことを学習すべき時期に来ている気がします。 (p.128)
抗体を身につける究極の方策なんてありません。でも、その抗体の「低下」をあらかじめ感知することは、ある程度、できると思います。(改行)それは、障害者やLGBT(性的少数派)、そして特定の宗教宗派など、いわゆるマイノリティへの攻撃、そして「ふつう」であることへの過剰な意識の高まりなどに注意することです。 (p.135)
この分野の学術的な発展には、優良な移民・難民を積極的に受け入れる必要があります。そういった人材が教師となり、そしてジャパンCOINの担い手となる。それには、まず、彼らが敬愛し、信頼し、忠誠心を持てる民族に日本人がならないとダメなのです。 (p.200)


テロリストは日本の「何」を見ているのか 無限テロリズムと日本人 (幻冬舎新書) -
テロリストは日本の「何」を見ているのか 無限テロリズムと日本人 (幻冬舎新書) -
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド