2016年12月21日

読書の記録について

これまで読書については、特に管理はしてきませんでした。記録は、必要なものだけ抜き書きするぐらいだったかな。

感想や気になったことはブログに書いてきていました。書きかけのものも多数あります(笑)。読んだ本で、2度読むと思えば取っておくし、読まないと思えばブックオフに持っていきます。Kindleは検索すれば出てくるし、読もうと思えばいつでも読める。紙の本は、まあ必要ならもう一度買えばよいかと思い、実際2度も3度も買った本もある。たくさんの蔵書があるわけではないので、どこにあるかもだいたいわかる。それで十分でした。

このところ読書会をしていて、人と本の話題を共有するようになったときに、まあそれほど困ることはないのですが、「あの本は」と言えると便利だと思うようになりました。

そこで、いくつかのサービスを使い始めました。スマホで管理するアプリは、手軽で便利です。バーコードをなぞれば、本の情報が自動的に入る。これは未来です(笑)。で、いくつかのサービスを使ってみましたが、どれも「帯に短し」。

これまでブログに書く前提で記録していたので、最終形態はEvernoteにデータが行ってくれるとよいと思うのですが、気になったところが抜き書きできなかったり。

今のところ行き着いたのが、Webの「メディアマーカー」というサイトです。これは便利! 本だけでなく、KindleやCDなども管理できる。まあCDはほとんど聞かないですけど(笑)。また、読書会のメンバーに限って情報を共有できるようで、これは重宝すると思う。この機能はまだ使ってはいないのですけど。

11月の後半からはじめて、蓄積がまだない。購入した本はわずか10冊程度、読み終えた本にいたっては数冊です。これから購入した本や読み終えた本が増えるに連れて、充実して行くことでしょう。楽しみにしています。
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445091474
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
タグクラウド