2016年06月09日

プロ野球はおもしろい。「野球×統計は最強のバッテリーである」

セイバーメトリクスはかなり普及していて、多くの書籍を見かけるようになりました。

セイバーメトリクスの嚆矢と言えば、マイケル・ルイス著「マネー・ボール」で、映画にもなっています。セイバーメトリクスには興味があるので、このブログでも何度か書いたことがあります。(セイバーメトリクス:鳥越規央著「9回裏無死1塁でバントはするな」: 「地に足のついた投資」を考え、実践する場)。

また、昨年は「数字で斬る!2015プロ野球 パ・リーグ編 2015年 11/26 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 増刊 - 」「数字で斬る!2015プロ野球 セ・リーグ編 2015年 11/25 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 増刊 - 」といったムックが発売され、野球を理屈で見たい人にはたまらない世界が広がっています。

で、この本。データスタジアム株式会社著「野球×統計は最強のバッテリーである - セイバーメトリクスとトラッキングの世界 (中公新書ラクレ) - 」中公新書ラクレ、¥886

本書の第2章で、セイバーメトリクスの代表的な指標について解説があります。投手力、打者力(こんな言葉はない? 笑)、守備力などで選手を評価し、投手と野手を同じ土俵で計るような指標もあり、おもしろく読むことができます。

また、第3章の「トラッキングシステムの世界」は必読! 座談会形式で書かれています。投手の投げる球が「重力のみの影響を受けた」場合の位置を(0,0)という座標におくと、すべての投手の球はストレートも含め変化しているのです。その変化量は、投手によって特徴がある。だから、同じ投手が投げる球でもストレートか、変化球やその種類によってちがうのはもちろん、藤川投手のストレートと岩隈投手のストレートでは質が違い、打ちにくさがちがうということになります。このくだりはかなり読み応えがありますので、ぜひ本書でお読みください。

なお、この座談会での
私は、子供のときに「投手は9人目の野手である」ということを重視しすぎるのが良くないと思っています。(p.193)
というところにふせんを貼りました(笑)。

野球×統計は最強のバッテリーである - セイバーメトリクスとトラッキングの世界 (中公新書ラクレ) -
野球×統計は最強のバッテリーである - セイバーメトリクスとトラッキングの世界 (中公新書ラクレ) -

マネー・ボール〔完全版〕 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) -
マネー・ボール〔完全版〕 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫) -

マネーボール [SPE BEST] [DVD] -
マネーボール [SPE BEST] [DVD] -

数字で斬る!2015プロ野球 パ・リーグ編 2015年 11/26 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 増刊 -
数字で斬る!2015プロ野球 パ・リーグ編 2015年 11/26 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 増刊 -

数字で斬る!2015プロ野球 セ・リーグ編 2015年 11/25 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 増刊 -
数字で斬る!2015プロ野球 セ・リーグ編 2015年 11/25 号 [雑誌]: 週刊ベースボール 増刊 -
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド