2016年05月16日

頭の休憩。フォミーン他著「やわらかな思考を育てる数学問題集」

フォミーン、ゲンキン、イテンベルク著「やわらかな思考を育てる数学問題集(全3冊セット) (岩波現代文庫)」岩波現代文庫、計¥3,370

なんとなく頭が疲れたときに、気分転換って大事ですよね。読書の疲れを読書でというと変なのですが、ようは頭の使う場所を変えてやるということです。これは佐藤優著「読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門」にも書いてありました。

佐藤氏は高校の数学の問題を解いているとのことで、それはそれで楽しそうではありますが、わたくしは別のものを。

裏表紙から。「ロシアの子どもたちが十代はじめから夢中になって取り組んだ、とっておきの問題がぎっしり。解くのに求められるのは中学レベルの知識と考え続ける根気、そしてやわらかな頭です。」

中学レベルということですから、紙と鉛筆はあったほうがよいですし、時間もかかる。でも、何かを考え続ける合間にちょっと頭を休めるには、こういう本は楽しいですね。社会人のおじさんが見てもよくわからない問題もありますが、紙と鉛筆を持って解いたり、紙も鉛筆もなくても頭の中で考えるちょっとした問題は楽しいです。

わたくしはいつも小さいノートを持ち歩いていますが、できれば大きなノートの方がよさそうですね。図を大きく描くほうが理解は早いだろう、よりよく理解できるだろうと思います。

全3冊のセットですが、わたくしはまだ第1巻だけ、しかもその冒頭だけしか見ていません。最初の数問がとっかかりやすかったので、つい買ってしまいました。頭の中だけで解ける問題もありますので、やってみるとおもしろいです。その後、本を開いて問題を解いていくと、むずかしい問題がたくさん出てきますので(笑)、そのときに「しまった」と思ってももう遅い(笑)。ハマってください。

数学の本ですが、示唆的なことばも出てきます。
対称性の戦略を用いてゲームの問題を解くときには、前の手によって戦略がダメにされない対称性を見つけなければなりません。(p.118)

これなど、なんか実生活に応用できそうじゃありませんか(笑)?

芸能人が出てくるしょーもないクイズ番組だけでなく(そういうのも好きでよく見るのですけどね 笑)、「頭をやわらかくする」書籍にも取り組んでみたらいかがでしょう?

最後に。このての本、よくないのは、息抜きに取りかかった問題だったはずが、いつの間にか問題を解くほうに夢中になってしまうこと。どっちがメインだったのか忘れてしばしば没頭してしまいます。取扱注意(笑)。

もうひとつ最後に。こういう本こそKindle化してほしいですね。ちょっとした時間で問題を眺め、解いてみる。電子書籍の真骨頂だと思います。マンガのように固定ページでけっこうですので、ぜひ。

やわらかな思考を育てる数学問題集(全3冊セット) (岩波現代文庫) -
やわらかな思考を育てる数学問題集(全3冊セット) (岩波現代文庫) -
読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門 -
読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門 -
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド