2016年02月08日

読書モード。

このところたくさん本を読んでいます。紙の本も、電子書籍も。

エンターテインメント系の本が多かったです。というのは、子どもがその手の本をたくさん買ってきたので、便乗して読ませてもらってるからです。

特にハマったのは、マーク・グリーニー著「暗殺者グレイマン」「暗殺者の正義」「暗殺者の鎮魂」「暗殺者の復讐」のグレイマン4部作。まだ2作目までしか読んでいないのですが、おもしろい! 主人公グレイマンはいつも入念な準備をしておきながら、裏切られ、戦いに巻き込まれていく。だが自身を最大限に活用し、満身創痍になり、もうダメだろうと読者もなかばあきらめているにも関わらず、活路を切り開いていく。そういった様子がとてもおもしろく、ページを繰る手が止まらない!

それから、今さらと言われるだろうと思いますが、「[まとめ買い] バクマン。 モノクロ版」をKindleで全巻そろえました。3年越し(笑)。いつか安売りがあるのではとずっと心待ちにしていましたが、結局そんなものは訪れないのだと悟りました(笑)。正月に、子どもが読みたいというので、年末に購入。

Kindleで読んだ本ですが、どうしても取り上げたいのが中室牧子著「「学力」の経済学」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。「ヤバい経済学 [増補改訂版]」と同じぐらいの衝撃で、この本の中でも「ヤバい経済学」についての言及があります。子どもの学業で悩んでいる方がいらっしゃれば、ぜひおすすめします(笑)。例えば第2章「子どもを”ご褒美”で釣ってはいけないのか? 科学的根拠に基づく子育て」。「学力テストの結果がよくなったのは、インプットにご褒美を与えられた子どもたちだったのです。」(位置325) つまり、「テストでよい点を取ったら褒美を与える」のではなく、「勉強したら褒美を与える」。特に、「本を読むごとにご褒美を与えられた子どもたちの学力の上昇は顕著でした」(位置326)。なんということでしょう! 褒美で釣るのはダメだと思っているのですが、必ずしもそうではない。続きはどうぞ本文で(笑)。

posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド