2014年01月06日

AirMac Time Capsuleを設定する。

意外と手間取りました(笑)。APPLE AirMac Time Capsule - 2TB ME177J/A

プロバイダの設定を探してきたり、見つけて入力したけどそれが違っていたなど(笑)。

そこをのぞけば、あっという間でした。

取説はあったのかな? どうせAppleのことだから、説明はないだろう(笑)と思っていました。

ネットを見ると、Mac上の「AirMacユーティリティ」から設定するだけ。そういえばそんなのがあった、アップデートが来ているのを見た記憶が。Spotlightで検索して発見、設定開始。

過去、ISDNからBフレッツ、Bフレッツネクストと変遷があったので、プロバイダの認証IDが都度変わっていました。うろ覚えで入力したらなぜか「パスワードが違います」。

いやいや、違うのはIDのほうでした(笑)。

最初から、Macの「システム環境設定」→「ネットワーク」を見に行けばよかった、と反省。


さて、設定さえ終われば、あとはすべて自動。これでバックアップに神経をとがらす必要はなくなりました。

以前購入したハードディスクは、都度つけかえて2台のMacのTime Machine専用になっていましたが(外付HDは、結局Time Machine専用にした。)、これでまったく自由なハードディスクになります。Time Capsuleにくっつけて共有のハードディスクにしようかと思っています。今のところ、定まった用途は考えていません。純粋に、大きなデータを「持ち歩く」ためのハードディスクとして遊ばせておいてもよいかとも思っています。もったいないけど。しかも、「大きなデータ」なんてないのですケド(笑)。

AirMac Time Capsuleでもうひとつ気になっていたのが、Wi-Fiの速度向上と接続可能範囲の拡大。しかし、fonとあまり変わりはありませんでした。残念。スピードはマシン側が対応していればよいでしょうが、残念ながらそういうハードは持っていません。接続範囲は、少しだけ広がったようですが、ほとんど影響なし。

ちなみに、下にいつものようにリンクを貼っています。意外と小さいハコでした。


posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Apple | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド