2013年12月18日

結局、「寄生獣」を全部買ってしまった。

第1巻がタダだったので購入。今は半額になっています。
岩明均著「寄生獣(1) (アフタヌーンKC (26))

私が購入したのは、第1巻が無料、残りは525円の157ptついてくるというもの。

したがって、

525円×9冊ー157円(pt)×9=3,312円

で購入した計算になります。

現在は、

525円×10冊ー262円(pt)×10=2,630円

で購入できるようです。

おそらく期間限定ですので、お早めがよいかも。

講談社全部ではないようですが、けっこうポイントがついているみたいです。

というわけでひさしぶりに読み返して、さっぱりしました。

「凄惨」な部類に入るマンガですが、エンディングもよかったと思います。

8巻の「田村玲子」との「となり町の公園」のくだり、9巻のスピード感、スリルはよいですし、10巻できちっと終わったのがよかったです。続けようと思えば、人間とパラサイトの戦いをもっと詳細にたくさん描くことも可能だったでしょう。

それをせず、スパッと完結に終えたこと。

このあと、岩明氏はすばらしい作品を生み続けていらっしゃいます。

多作ではありませんが、いずれもよい作品ばかり。

次は、「七夕の国 1 (小学館文庫 いK 1)」をKindleにしてください!




posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド