2013年12月09日

ブラジル・ワールドカップ、組み合わせ決定!

日本はC組だそうですね。

新聞を読むと、ヨーロッパの強豪と当たらないので「与しやすい」といった論調が見られます。「比較的楽な組に入った」と。

何をふぬけたことをおっしゃっているのでしょう?

ワールドカップの本戦で、ヨーロッパの強豪国ならともかく、日本にとってこれまで「戦いやすい」一次リーグなど聞いたことがありません。

どのチームも、日本よりかなり強いのです。

どの組も厳しい。

同じ組に入った他の3チームも、「日本でよかった」と思っているに違いないのです。

日本で1勝、できれば2勝1分ぐらいで予選突破! の青写真を描いているはず。

序盤からから嵩にかかって怒濤の攻めをしてくるに違いない。

各組のFIFAランキング順位を足すと、G組の45、D組の57に次いで、C組は3番目に少ない81。それだけ、上位チームが集まっているということです。

大変な組なのです。

98年のフランスワールドカップでも、H組に入った日本は、別格のアルゼンチンをのぞき、クロアチアで引き分け、ジャマイカには勝って決勝トーナメントへ、などと寝言を言ってましたよ(笑)。

2006年のドイツ大会でも、F組の日本は、初戦のオーストラリアに勝って弾みをつける、なんて言っていたのが逆転負け。

さらに言えば、日本の目標は一次リーグ突破ではない。

抜けた16チームの中から、頂点を目指す戦いがあるのです。一次リーグを上がっても、次に当たるのはC組以上の激戦を勝ち抜いたD組。

楽だなどと言っている場合ではありません。

まずは初戦を勝つこと。

そのために何をするのか、道筋を見極めて進んでいってほしいと思います。

アウエーでオランダに引き分け、ベルギーに勝ったといっても、所詮は親善試合。

真剣勝負の場では、結果がすべて。

応援したいと思います。
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド