2013年09月27日

子どもに将棋で負けた(平手で)

ついこの間まで、飛角落ちでも十分勝てていたのです。

で、私もつまらないので、将棋の本を買ってきました。

里見香奈監修「いちばん勝てる将棋の本」日東書院本社、1,365円

子どもに読ませようかと思ったのですが、文字がいっぱいでぜんぜん読まない。

で、私も読んでいないのですが、冒頭のインタビューだけ目を通していたら、「将棋が強くなるためには毎日少しずつ詰め将棋を解くことを奨める」とあったので、さらに次の本を購入。

羽生善治監修「羽生善治のこども詰め将棋入門」池田書店、998円

で、毎日少しずつ解いていたのです。

先日、飛角落ちで対戦したところ、あっさり2敗。

翌日、今度は平手でやったのですよ。

1回目は適当にやったらこれまた負けてしまった。

ちょっと本気を出そうとやったのですが、再び敗北。

通算4連敗……

私はまあ、弱いほうだとは思っています。

しかしこうもあっさり負けるとは!

悔しいので、次の本を購入。

飯野健二著「1・3・5手実戦型詰将棋」池田書店、998円

さあ、これで私も、少なくとも子どもには負けないようがんばります。

次の対戦を約束していますので、父の沽券にかけても勝たねば、と思っています。


posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375866579
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
タグクラウド