2013年05月24日

個人的中公新書ベスト5というのがあったので便乗。

#個人的中公新書ベスト5 - Togetterを読んで、私も便乗させていただきます。

木下是雄著「理科系の作文技術」735円
角山栄著「茶の世界史」735円
徳川宗賢編著「日本の方言地図」756円
川喜田二郎著「発想法」693円
野崎昭弘著「詭弁論理学」693円

あたりになるでしょうか。いずれもまだ手に入るようですね。

きちんと確認したわけではないのですが、どの本も、誰かが取り上げていらっしゃると思います。

新書といえば、岩波新書・中公新書・講談社現代新書が御三家、ちくま新書など邪道と思っていたのに、気がつけば「とにかく新書」ぐらいの勢いになっています。

こうして中公新書だけ見直してみても、名著がたくさんあります。ここに入れなかった本でも、捨てがたい本がたくさんある。「ゾウの時間 ネズミの時間」なんか捨てがたいですもんね。

理系・文系といった分類を超えて、読みたい本がずらり。

まだKindleにはなっていないのかな? すでに絶版になっている本を中心にKindle化していただけるとよいですね。

日本の財産だと思います。


posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド