2013年05月08日

本に金を惜しまない。

子どもと本屋に行くと、必ず「何冊まで買ってもいい?」と聞かれます。

これまではだいたい「オレ基準」で、私が3冊買う時は3冊までとかいう感じで決まっていました(笑)。

しかし、車もなくなりましたし(笑)、最近では「好きなだけ買っていい」と伝えています。

どれだけ買うと言っても、せいぜい5冊ぐらいまで。読める本の量には限度がありますし、私のように読まない本まで買うということはない(笑)。

また、これまでは同じ3冊でも「ゾロリだけ3冊はダメ」とかケツの穴の小さいことを抜かしていましたが(笑)、それもやめました。すでにゾロリは全部揃ってますしね(笑)。

よく考えたら、私も子どものころ、買ってもらう本に制限なんてありませんでした。SFが好きだったので、ハヤカワSF文庫を片っぱしから買ってもらっていました。

「マンガばっかり10冊」と言われると引きますが、私自身、マンガばっかり読んでますからね。

心を広く。

ゲームを好きなだけ買わせてと言われたら「ちょっと待て」となりますが、本ならいいかと。

私自身、本については、お金にこだわらずに接していきたいと思います。
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド