2013年03月18日

上手なプレゼンをするためのたった一つのコツ。

職場で、リスク活動に関する発表会がありました。20を超える職場から人が集まり、プレゼンを見る機会がありました。「見る機会」というか、私も発表したのですけど。

自己採点、50点。

うまくできず、忸怩たる思いです。

他の人、ダメな人もいましたけど、うまい人は本当にうまかった。

(1) 話すスピードが適切。
ゆっくりしゃべるのはむずかしい。時間制限もあるから、つい早口になってしまいます。

(2) 飽きさせない。
笑いを織り交ぜつつ、適切な図や表を用いたり、時系列で説明したり。うーんとうならされました。

(3) 何より、内容がすばらしい。
もちろん、これが第一です。

……

こうしたことを見ながら、振り返って自分を見たとき、自分に一番欠けていたものは何か?

準備です。

Keynoteを購入したので、練習がてら使ってみようと思っていたのですが、結局使いませんでした。準備不足感が否めず。

次にプレゼンする機会があれば、もっと事前準備に時間を掛けること。事前準備を見越した上で、資料を作成するようにしたいと思います。今年7月に人前で話す機会がありますので、早めに取りかかろうと思います。
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド