2013年01月20日

積ん読率が近年ない値まで上昇。

読みたいと思って購入した本ですが、このところ本を読めない。電車の中でもダメ、机に座るとダメ、布団に入るとダメ、眠くなってしまいます。

疲れているからだろうと思います。寝ることを優先して正解だと思う。

それでも、本が読めないのは悲しい。人生のうち、読書に費やすことのできる残された時間はかなり少なくなってきているのに。

今積んである本を上げておきます。早く読むぞという決意のあらわれとして。

鴨長明著「方丈記」、ちくま学芸文庫、¥1,050
毛沢東著「毛沢東語録」、平凡社ライブラリー、¥1,020
いずれも日垣隆氏の古典講座課題図書。方丈記は半分近くは読んだかな?

マイケル・サンデル著「これからの「正義」の話をしよう」、ハヤカワ・ノンフィクション文庫、¥945
流行にのって購入、読み始めればおもしろいけど、まだぜんぶは読んでいません。

人間はどこまで耐えられるのか」、河出文庫、¥998
タイトルにひかれて衝動買い。トイレに入ったときに読むことが多いです(笑)。断片的。前に読んだ部分をあまりおぼえていないかも(笑)。

ジャレド・ダイヤモンド著「文庫 銃・病原菌・鉄 (上) 1万3000年にわたる人類史の謎」、草思社文庫、¥945
キャンペーンにひかれて購入。まあ、とりあえず読んだけど……

高橋秀実著「「弱くても勝てます」: 開成高校野球部のセオリー」、新潮社、¥1,365
野球関係の棚にあり、衝動買い。パラパラとめくって、おもしろそうだと認識したけど未読。

スティーブン・キャラハン著「大西洋漂流76日間」、ハヤカワ文庫NF、¥945
アラン・ワイズマン著「人類が消えた世界 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)」、ハヤカワ文庫NF、¥924
ハヤカワのノンフィクションが平積みになっていて、衝動買い。「人類」のほうは1/3ぐらい読んで、おもしろいんだけど続かない。

網野善彦著「日本の歴史をよみなおす (全)」、ちくま学芸文庫、¥1,260
これも一度、学生時代だったかな? 読んだ本。おもしろくて読み返しているけど、ぜんぜん進まない。

末次由紀著「ちはやふる(19) (BE LOVE KC)」講談社、¥450
羽海野チカ著「3月のライオン 8 (ジェッツコミックス)」、白泉社、¥510
神尾龍、中原裕著「ラストイニング 35 (ビッグ コミックス)」、小学館、¥580
マンガすら読めていないという…… 悲しい気持ちになります。

リンクを貼るのが面倒くさくなったので止めておきます。これで1/3ぐらいかな。ちなみにここ2か月ぐらいで購入した本の一部です。



タグ:積ん読 読書
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド