2012年12月21日

民主党、惨敗。

正直、ここまでとは思っていませんでした。

第三極といわれる人々も、イデオロギーの違いを乗り越えることができるのか、見極めたいとする向きが多かったのでしょう。維新ですら、既存の二大政党の批判票を集約できたとはいえないと思います。

投票率は低く、得票率から見てもここまでの差はない。

要するに、多くの人は今回の選挙に無関心だったのでしょう。

「民主党ざまぁ」はいい。しかし、自民党を肯定しているわけでは決してない。

憲法改正とか、原発再稼働賛成とか、国民の多くが賛成しているとは思えない。原発の事故なんか、近くで起こったらもう自分の家に住めなくなってしまうんですよ! こんなつらいことはないでしょう。原発が近くにない人にとっては関係ない話なのかな?

若者は選挙に行くべし。

と強く言いたい。

搾取されているのは、若者なのです。政治家はわれわれの代表。政治家がダメだというのは、つまり国民がダメということです。日本が変わるべく、われわれ国民が努力しなければならない。

まずは1票の格差を是正し、国民の声がきちんと反映できるようにして欲しい。新しい国会で、きちんと議論し、進めていただきたいと思います。

あわせて、ネット選挙の解禁。時代に合わない公職選挙法も、一刻も早く変えるべき。連呼したり、ハガキを出させたりする下らない選挙は、もうやめてほしい。候補者・政党が政策を戦わせる選挙にしてほしいと思います。

posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サムライ日本・能足りん

完全無欠の内容が頭の中にわいてきて、現実に対して不満を持つようになる。
完全無欠の内容は、頭の中だけに存在して、現実の世界にはない。

日本人には、現実と非現実が分けられない。
日本語には時制がないので、非現実 (過去と未来) の内容も現実の形式で語られる。
だから、次元の違う世界の内容を区別しないで話す矛盾を克服できない。議論が成り立たない。
最悪のシナリオは、非現実・存在しないものとして無視されている。知的遊びにも叡智にも資することがない。

揚げ足取りを駆使して相手を消去する方策に徹する態度は、不毛の議論以外の何物でもない。
あるべき姿、未来像を堅持していなければ、建設的な議論は成り立たない。
建設的な意見は、理想に向かうための現実対応策である。

意見発表は、歌会形式になる。
「だって、本当にそう思ったのだから、仕方がないではないか」と言うことになる。
話は聞き流すしかない。あえて議論の価値を説く者はいない。
「議論をすれば、喧嘩になります」と言う。
‘問答無用・斬り捨て御免’ となるか。

政治哲学で大同団結していれば、その現実対応策の違いは小異となる。
現象界は多岐にわたるので、現実対応策で一致を図ろうとすれば、大同につくことは難しい。
だから、無哲学・能天気の民には、 ‘小異を捨てて、大同につく’ ことが困難である。
小党分裂の悩みは尽きない。決められない政治の始まりである。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/


Posted by noga at 2012年12月21日 20:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/308414385
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
タグクラウド