2012年11月30日

国民目線からはほど遠い総選挙

叱られるかもしれませんが、こんな時期に選挙ですか……

選挙をお仕事にしておられるみなさん、とりわけ民主党にとってはよい時期の選挙だと思います。「まさかこのタイミングで」と誰も思ったことと思いますし、少なくとも党首討論での安倍の無能さを知らしめた点ではよかった。

しかし、そこには「国民目線」はないですね。復興は十分に進んでいるのでしょうか? 原発はどうなるのでしょうか? 消費税、社会保障、あまり議論もしないままにだだーっといろいろ決めて(または、いずれ決めることにして)解散になだれ込んで行ったような?

今回の選挙、民主党のダメダメさに嫌気がさし、自民党の右寄り政策に恐れ、第三極の離合集散にあきれ、無関心というかたが多いのではないでしょうか? 少なくとも私がそうです(笑)。

自民党、総理大臣経験者なら、せめて麻生氏でしょうか。安倍だけはない。総裁選に立った人なら、石破氏。自民党は、安倍になったことで、自公連立での政権奪取は無理なんじゃないでしょうか。おそらく、自公民の三党連立がもっともありうるシナリオなのでは? したがって、いわゆる「第三極」が二大政党のもう一つになってくると読んでいます。

今回の選挙、他の政策はともかくとして、原発をどうするかを争点にして第三極が結集できればと思います。民主党の2030年代に原発ゼロはぜひ実現してほしい。あるいはもっと早い「卒・原発」というのも魅力。放射性廃棄物を永遠に垂れ流して、自分の子どもや、その子供たちが苦しんでいくのを放置しておくわけにはいかないでしょう。

経済への悪い影響はあると思います。しかし経済を犠牲にしてでも、原発の問題を放置しておきたくはない。ここで「原発」を選ばないことが、将来の日本にとって大事なのではないでしょうか。

国民にとってあまり関心の高くない選挙、やりたくない選挙だと思いますが、10年後、20年後の未来から見たとき、2012年末の選挙が、「あの時の選挙で日本が、日本人が変わった」といえるようなものであってほしいと願っています。
posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/304374303
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
タグクラウド