2011年10月08日

岩隈久志著「投球革命」

岩隈久志著「投球革命 テッペン、取ります! 」ベースボール・マガジン社新書、¥800

最近はいろんな出版社から新書が出ていますね。

メモ。
楽しさは人から与えられるものではありません。自分から求め、手に入れるものだと思います。つまり、楽しさとは人間のポジティブな心のあり方を指すのではないでしょうか。(p.065)

山には山でしか見られない風景があり、谷には谷の風景があるというのが実感です。それは季節ごとに変わる景色のようなものかもしれません。(p.142)

素直であるとは自分の経験や先入観だけでものごとを決めてかかったり、自分の考え方に固執するあまり、人の教えを排除したり、避けたりしないことなのかなと、今になって思います。(p.162)

これからも、いろんな国の子どもたちの夢を支援していければと思います。子どもたちに夢や希望を与えることはプロ野球選手である僕の使命だと考えていますから。(p.188)



posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド