2011年05月19日

家族の真ん中に、Apple TV。

第1,202回。

デジカメで家族の写真をバシバシ撮ると、すぐにiPhotoに入れて、Apple TVで鑑賞します。

そこから決まって、過去の写真に飛んだり、誰か特定の家族の写真を眺めたり、家族旅行の写真を映し出したりしています。

子どもたちの小さいころの写真とか動画とか、おもしろいのがいくつもあって、笑いあっています。カワイイ写真、ほほえましい写真ですよね。たとえ泣いている写真でも、笑える。

Apple TVは、家族をつなぐ道具になっています。映画を見たり音楽を聴いたりもするんですけど、やはり家族の写真を見るときがいちばん盛り上がりますし、楽しい。ついさっきあったことも、5年前の映像も、同じように楽しめます。

タイトルはAppleのコマーシャル・メッセージみたいですけど、わが家についていうと、文字通り家族の間にあり、家族をつないでいると思います。「Apple TVがなければダメ」ということはありませんよ、もちろん。でもあると、楽しい。

子どもの好きな音楽を流したり、親の好きな音楽を聴くのも楽しい。映画はプレビューを見ているだけでも楽しい。YouTubeで動画を見るのも楽しい。

子どもたちはそのうち独立して、親と一緒に過ごすことをいやがるようになるでしょう。それでいいのです。それまでは、Apple TVを使って、思う存分楽しみたいと思っています。あと10年もないだろうな。それまで、たくさんの写真を残しておきたいと思っています。

posted by zxcvaq at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Apple | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド