2011年04月15日

良質の文章に出会う確率の上昇

第1,168回。

広い意味での読書について。

「紙の本」を通じて活字に目を通すという古典的な読書から、ウェブを通して、私たちは遠く離れたところにやってきました。

先日から「Byline」というソフトをiPod touchに入れ、空いた時間に読んでいます。Googleリーダを使ってブログを読んでいて、私たちは大量の文章を毎日読むことができるようになりました。

今、Googleリーダで登録しているブログの数は15。毎日更新されるものもあれば、数か月読んでいないものもあります。

数々の文章、どれも読んでいてい前向きな気持ちにさせてくれます。大切な視点、有用な知識、そして優しさ。たくさんの文章から、たくさんのものをいただいています。

ウェブに否定的な意見って、最近はあまり見なくなったような? 「2ちゃんねる」がダメだとか、Wikipediaが使えないとか、まだ思っている人はたくさんいるのかもしれませんが、そういう発言にあまり出会わなくなった。

私自身、「生の2ちゃんねる」を読むことはほとんどありませんが、まとめサイトはよく利用させてもらっています。独特の言い回しはとにかく、有益な情報がたくさんあり、大変に重宝しています。つまらないと思えば読むのを止めればよいわけで、限りある人生の中で、どれだけの人やものに出会えるかを考えたとき、ウェブはとても有効であると思っています。

読ませてもらって本当に感謝しています。自分にはそういう文章はなかなか書けませんが(笑)。
posted by zxcvaq at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド