2010年06月24日

日垣隆著「ダダ漏れ民主主義」

日垣隆著「ダダ漏れ民主主義 メディア強者になる!」講談社、¥1,050
このところ、日垣氏の著作をたくさん読んでいます。

 後半部分で、読書会(ブック・クラブ)について述べていらっしゃいます。これ、乗った! 本が読まれなくなってきたことに関しては、売り上げを見ると確かに減っていますが、「そもそも『読む』という点に関しては、衰退しているどころか、現代日本は人類史上もっとも『字を読む』時代だと断言できる。それが本や雑誌という形を取るかどうかは、また別問題」(p.145p)との言には同感。自分も、まちがいなく、人生の中で今が一番字を読んでいます。大学時代よりも多いのではないか? そしてそれは、まちがいなく、本という形態に限らない。これはたぶん多くの人に当てはまるのではないでしょうか?

 話を戻します。ブック・クラブ、日垣氏の尻馬に乗り、ぜひやりたい。
・ 8人程度で。
  3人だと寂しいとあるので、4人以上は集めたいのですが…… ここがいちばんの難関かもしれません。

・場所
 有料の会議室が職場近くにあります。10人程度で数百円/時間。2時間か3時間借りても200円/人程度。

・全員の職業は異なっているほうがよい
 これは日垣氏の好みだそうですが、Twitterで集めればいろんな人が集まりそうな? 

 知り合いでないほうがよいとありますので、本当はまったく見ず知らずの人とやってみたい。でも、知名度の低い私がやっても集まらないかな? しかし、そこはTwitter! まずは声を上げてみたいと思います。集まらなければ職場の人や友人に声をかけてはじめてみたいと思います。他力本願を利用して、これまで読もうとすら思わなかった本に挑戦できればと考えています。

posted by zxcvaq at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド