2010年04月12日

文体診断ロゴーン

こんなサイト「文体診断ロゴーン」があります。はてブで見つけました。文章を解析して、文体の特徴を診断するサイトです。

 私も試してみました。直近の「トラベラーズノート 2010年4月」を入力してみると、1位が浅田次郎で68.8、2位は井上ひさしで67,7、3位がなぜか松本幸四郎で 65.6と出ました。逆に一致しないのは吉川英治、岡倉天心、橋本龍太郎。文体についての評価では、文章の読みやすさ・文章の硬さがD評価、文章の表現力・文章の個性がA評価でした。いくつか自分の文章を入力してみましたが、読みやすさと硬さはDまたはE評価、表現力や個性はだいたいAです。評価はコンピュータによるものですからAだEだと気にすることはありません。でも句読点の打ちかたなどは考える部分が多い。また「一文が長い」のはいつも気をつけなければと思っています。客観的に指摘されると考えるようになりますね。

 自分が書く文章をあとから読み返してみると、別の書きかたがあったなと思うことがあります。自分の文章を何日か寝かすのはとても大事なことだと思います。ま、この文章も書いてすぐエントリしていますが(笑)。
posted by zxcvaq at 08:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド