2010年03月12日

会社で生命保険の勉強会をしようと思って。

会社で、保険に関する勉強会を提案しようと思っています。

 保険には公的な社会保障から、いわゆる様々な保険商品までいろいろあります。会社の20代男女社員(多くは独身)を対象に、生命を保険を例に「保険」を説明しようと考えています。

 ざっと、このような構成を考えています。

1. 生命保険と宝くじは同じ
 広くうすく掛金を集め、当選者に高額賞金を支払う。生命保険の場合は「当選=死」ですが。

2. 生命保険の持つ機能
 生命保険は主に、
  (1) 収入の補填−−自分の収入がなくなったとき、家族のためにいくら必要になるか?
  (2) 貯蓄−−解約返戻金とか満期の返戻金。
 しかし、これらは社会保障でもある程度まかなわれる。

3. 自分にあった生命保険を考える
 必要な保障額は、配偶者の有無、扶養する家族や子どもの有無によって異なる。このときも社会保障を考慮すれば、高額の保険に入る必要はない。

 生命保険つまり自分が死んだ時のことを考えていますが、もちろん死なずとも働けなくなるリスクもありますから、ずいぶん単純化した話だとは思います。ただ、若い人向けに「保険の話」ですから、短時間・シンプルに話してみたいと思っています。個別の商品をいろいろ解説したりはしません。

 私の場合ですと、妻も働いていますので、子どもの学費分だけ、不慮の事故に備えて都道府県民共済でカバーしています。学資保険は入っていません。医療保険は入っていますが、ガン保険には入っていない。家族でガンで亡くなった者はいません。もし今から何か保険に入るとすればガン保険でしょうけど、ガンも死ぬ病気ではなくなってきつつあるので、毎年健康診断を受けて生活に注意していればほぼ大丈夫だろうと確信しています。それで病気になれば、まあしょうがない(笑)。

 と、こんな感じで(自分のことも含めて)話してみようと思っていますが、どんなもんでしょうね? 何かアイデアがあればぜひコメント欄やtwitterで教えてください!
posted by zxcvaq at 06:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 金銭教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド