2009年10月28日

PRESIDENT 2009.10.19号

PRESIDENT (プレジデント) 2009年 10/19号 [雑誌]です。

 特集は「学歴と出世、お金、結婚」。学歴の特集といえば、1年前にも同様の特集がありました(PRESIDENT 2008.10.13号)。保存していませんので記憶に頼っていますが、ほぼ同じような内容だったように思います。いろいろなランキングが出ていますが、1年でそれほど変わるわけでもなかろうと思います。私の出身大学も、「高給」・「年収」にランキングされていました。私自身にとっては何の関係もない話(笑)。私のようなものが平均を下げていて本当に申し訳ないです(笑)。

 それはともかく、昨年と同様の切り口で、あまりきちんと読んでいません。「男女別 結婚相手の許せる大学 落とす大学」なんていまだに意味があるのでしょうけど、出身大学なんて私の周りでは誰も気にしていません。「わが子を入れたい 学校・会社衝撃ランキング」なんて、あいかわらず子どもを大企業に入れて、1000から1500万程度稼いでほしいというのんびりした(笑)価値観はあいかわらず。コラムなんかでも、「『B大学ってバカが行くところですよね』と話したら相手がB大学出身でした。(女性・45歳)」って、「バカというほうがバカ」という、読んでおもしろくもなんともない。「偏差値50以下でも高年収 狙うならこの大学だ!」は、よい切り口だとは思いますが、あえて取り上げるほどのこともないというか、これまた失礼な特集ですね。

 ふだんはあまり取り上げませんが、連載の「職場の心理学第227回 給料デフレ時代に社員を奮起させる『心の報酬』とは」などはとても参考になりました。リーダー/管理者、あるいは社員同士でほめる「評価的インセンティブ」、リーダーの人間的魅力で一緒に働きたいと感じさせる「人的インセンティブ」、リーダーや組織のビジョンなどの「理念的インセンティブ」、仕事そのものがおもしろく、自分の力を発揮していると感じさせる「自己実現的インセンティブ」を高める努力が必要とする鳥谷陽一氏の論は参考にしたいと思います。

【関連記事】
PRESIDENT 2008.10.13号

posted by zxcvaq at 07:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | PRESIDENT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド