2009年09月30日

中国からの電話

昨日の勤務時間中、携帯に「+86」ではじまる国際電話が入りました。

 電話の相手は女性でしたが、ひどく聞き取りにくい英語でした。デジタルっぽい声といいますか、抑揚の少ない平板なアクセントで、何を言っているかあまりよくわからないのですが、ところどころで聞き取れたのはHSBC、インターネット、suspended、などなど…… たぶんHSBCのネットによるアクセスができなくなっているのでどうするか、みたいな内容だろうと想像できましたので、何か聞かれたところで、「Yes, please.」 で、identifyとか、なんだかバースデイがどーのこーのとおっしゃるので、本人確認をしたいと勝手に推測し、自分の誕生日を告げると「アクティベートできました」みたいに言われる。

 いい機会ですからついでに、どうして自分のネットバンキングが止まってしまった(しまう)のか確認すると、どうやら10か月だか1年ぐらいアクセスがないと止めてしまうのだそうです。おー、知りませんでした。あまり残高を気にすることもなかったのですが、早速アクセスしておこうと思います。ま、私のように投げっぱなしの人はそうはいらっしゃらないと思いますが(笑)。ときどきはアクセスしましょう。そろそろ送金もしておきたいと思いますし。たしか、みずほ銀行から海外への送金はなんか口座を決めて送れるみたいなサービスがあったように思いますので、あわせて確認しておきたいと思います。

 海外に口座を持つことにはメリット、デメリットあると思いますが、私はデメリットも考慮した上でリスクの分散をはかっています。ま、「分散」というほど資産があるわけではないのですが(笑)。たまに、今回のように、なかなかできない経験ができるのはメリットかな(笑)。
posted by zxcvaq at 06:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港・上海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド