2009年06月09日

PRESIDENT 2009.2.16号 その1

PRESIDENT (プレジデント) 2009年 2/16号 [雑誌]」です。ああ、たまっている(笑)。ずいぶん前の号になってしまいました。目についたところから片づけています(笑)。特集は「逆転のお金術」。冒頭はインタビュー。ジム・ロジャーズ、澤上篤人、宮内義彦、ピーター・タスカとそうそうたるメンバーです。

 ジム・ロジャーズ氏はここ2〜3年は通貨、その後商品の時代を予想しています。この前まで原油が高かったことを考えると、うなづけるのではないでしょうか。また、彼はアジアにも注目しています。特に中国株。長期的に中国が買いというのには同感です。澤上氏はいつもと同じような感じですが、ちがうのは「新興国なら20〜30銘柄を20〜30年保有」とのこと。買いかたは同じですが、新興国について発言しているのは、私ははじめて見たように思います。宮内氏は輸出関連株は海外へシフト、輸入関連、内需関係に注目しており、特に住宅に期待をかけているとのこと。んー、住宅はどうでしょうかね? タスカ氏はさらなる円高を予想。他の通貨全般に対して強いが、特に豪ドルに対して注目しており、株では内需、防衛、環境。また、今は英語力を高めるチャンスとのこと。本当ですね。勉強しないとね(笑)。
 私は、銘柄そのものには注目していません。面倒くさいですからね(笑)。TOPIXでよろしいのではないでしょうか? このところもかなり上昇していますし、このまま上がっていくのではないでしょうか? TOPIXで800ptを割り込むような事態には、ならないように思います(さしたる根拠はありませんが)。

 山崎元氏による「利回り5%を狙う『超』運用術」。これまで山崎氏が著作その他で述べてこられた内容です。
(1) 長期投資はトクでもソンでもない
(2) 時間分散は有利ではない
(3) 損切り・利食いルールは意味がない
(4) 唯一、明確なのはコスト
(5) 外国為替はギャンブルと思え
これを受けて、TOPIXを4割、MSCIコクサイに6割を投資せよという、「超簡単 お金の運用術 (朝日新書)」で述べていらっしゃる内容につながります。また、リバウンド狙いのボロ株にも言及していらっしゃいます。思うに、こんな簡単な運用方法を、どうしてみな取らないのでしょう?

 続いて水谷克己氏(マークイットグループ日本支社代表取締役)による「今年、ヨーロッパで『第二のリーマン』が炎上する」。
 アメリカはまだ余震が続いているが、最悪期は脱したとのこと。これが今年の2/16号ですから、確かにアメリカは最悪期を脱し、回復に向かっているといえるように思います。しかしヨーロッパの現状はアメリカ以上に厳しいようで、水谷氏は「時限爆弾」と称していらっしゃいます。ヨーロッパでは「ふつうの」証券市場から資金が引いていて、損失が大量に発生している状況だが、ディスクロージャーが統一されておらず、どの金融機関がどれだけ損失を抱えているかわからない。またヨーロッパ各国の足並みがそろっておらず、有事の際に協調した行動がとれるか心配とのこと。そうすると、ふたたびユーロ安が訪れるのでしょうか? 期待しています。

 この号、次回へ続きます。

【関連記事】
超簡単 お金の運用術
PRESIDENT 2009.2.16号 その2
その他のPRESIDENT記事

posted by zxcvaq at 05:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | PRESIDENT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121125206
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
タグクラウド