2009年06月08日

昼寝をルーティン化

朝起きる時間は決まっていて、目覚ましをかけなくてもだいたい4時前に目が覚めます。寝る時間は日によってちがいますが、残業があればその分遅くなる。深夜0時を回ってから寝ることもあります。それでも起きるのは4時ごろです。習慣ですね。起きてからは本を読んだりブログを書いたりしているわけですが、出勤のころにはもう眠い。運転しているといっそう眠くなってしまいます。眠る時間をもう少し取れるとよいのですが、目が覚めてしまうのでしょうがない。

 先日はとうとう就業時間中に眠くなってしまい、ウトウト…… 眠くてたまらないとき、どうしたら眠気を吹っ飛ばすことができるか? 答えは眠ることですね(笑)。ということで、きちんと昼寝をすることにしました。12:30から20分程度。耳栓がすでにありましたのでこれを着用し、イスに座ってきっちりと昼寝。いざ寝るとなるとなかなか眠れないのかと思ったのですが、目をつぶって静かにしていると自然と眠ってしまいます。毎日決まった時間に会議室に入って電気を消し、静かに眠るようにしました。いわゆるマイクロスリープというのですかね? 午後からすっきり仕事ができそうで、昼寝をはじめて1週間のうちは、特に業務時間中に眠くなるようなことはありませんでした。しかし、業務時間中に眠くなることは通常はありませんでしたから、昼寝の影響がプラスに働いているのかどうかはまだ判断がつきかねます(笑)。

 昼寝の効用については最近いろいろ聞いています。参考にしたのは gigazineの完璧なお昼寝をする方法。どこかで、カフェインを摂って寝るというのを聞きましたが、ここまではやっていません。イスに座っていますので、深く眠ることはありませんから。しかし、本当は昼寝などせずとも、夜の睡眠でぐっすり眠るのが最適なのでしょうけどね(笑)。

【関連記事】
睡眠時間
posted by zxcvaq at 05:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド