2009年05月14日

PRESIDENT 2009.3.2号 その3

その1はこちら。その2はこちら

PRESIDENT (プレジデント) 2009年 3/2号 [雑誌]」です。今回は最終回。特集「時間を操れる人 奴隷になる人」。最後に三つのコラムについて。

1. 本の読みかた
・つまらなければ途中で読むのをやめる。
・途中のページから読むことがある。
・「目次から読む」「あとがきから読む」。
・小宮一慶氏による速読の要点6つ(「ビジネスマンのための「読書力」養成講座 (ディスカヴァー携書)」より)。
 (1)目次(2)見出し(3)本文中の太字で書いてある部分(4)各章・各項の冒頭(5)はじめに・あとがき(6)データ・数字・図表・固有名詞
 これは私にとってはごく普通の話。でも「途中から読む」「途中でやめる」はなかなかできませんでした。「本」は特別なもので、「道具」と割り切ることができなかった。しかし何のために本を読むのかを意識するようになったら変わりました。少々雑に扱ってもかまわない。それより、いつも持ち歩いて「利用する」ことのほうが大切だし、本あるいは著者もそのほうがうれしいのではないか。
 目次から読むのは全体が見えて、理解がより進むといえます。全体感を見ておくことは何においても重要と考えます。またあとがき、まえがきも必須。「時間はコントロールするものであってコントロールされるな。そして、本は読んでも読まれるな」(p.63 4段目)。本を理解するのに、目次を読むのことで手がかりが得られます。漠然と読むより、圧倒的に早く読めます。

2. 3か月ルール
 小山龍介氏と本田直之氏が「3か月ルール」を述べていらっしゃいます。3か月続けることが習慣化の第一歩。「3か月」の持つ意味をいろいろ教えてくださっています。
・3か月は目標の「1年」から見ると軌道修正や行動の具体化に最適。でも1か月では短すぎる。
・学習の継続にもよい。社会人の自由時間は100時間/月。300時間=3か月の蓄積は主な資格試験に合格できるかなりまとまった時間。3か月継続して得た成功体験は次につながる。このサイクルなら1年に4回新しい分野を深めることができる。
・3か月の出来事を振り返ることで、異質なものが結びついて新しいアイデアが生まれる。3か月たったら振り返ってみる。
・世の中の動きも。1年先、半年先を予測するのはむずかしいが、3か月なら人びとの心の変化に気づく。1か月では見落としてしまう変化。

3. 二次会は断る
 田島弓子氏(ブラマンテ代表取締役)、新将命氏(国際ビジネスブレイン社長)、内藤忍氏(マネックス・ユニバーシティ社長)らへの取材をまとめたものです。「上手な義理の欠きかた」。
・インフォーマルな酒席は重要だが、それは唯一無二ではない。
・つき合いを断るかわりにビジネスに役立つ情報や本を贈る。
・一次会が終わったらさっさと帰る。「そういう人」だと思ってもらう。相手の期待値コントロール。
・一次会の終わりに咳き込み、「風邪気味」を理由にする。必要に応じて後日ランチタイムの食事会を設定する。やんわり対処しつつ、「無制限で付き合うつもりはない」意志をにじませる。
 最後の、「咳」は姑息ですね(笑)。私はここまではやりません。私はそもそも飲み会にはほとんど参加しません。出ても二次会はほぼ断ります。私も、「そういう人」だと思われていますので、その点では相手の期待値をコントロールしているといえるかな? たまに、「絶対に断れないケース」というのもありますけどね(笑)。

【関連記事】
PRESIDENT 2009.3.2号 その1
PRESIDENT 2009.3.2号 その2
その他のPRESIDENT記事

posted by zxcvaq at 06:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | PRESIDENT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド