2009年03月10日

資金使途変更

「親バカ」話をひとつ。

 うちの子がやたらと鳥の名前にくわしいことがわかりました。家の近くを流れる川で水鳥を見て、「あれはカルガモ、あれはマガン、あれはカモメ……」おお、こいつはすごい! 以前に書きましたが、自然環境がよく残されている家の周囲では、さまざまな野鳥を観察することができます。わが家でもハンディ図鑑を購入して眺めていますが、子どもも図書館から鳥の図鑑を借りてきては眺めています。「メジロは目が白いからメジロっていうんだよ」なんて、知っている人には当たり前なのでしょうけど、田舎で40年暮らしてきた私はそんなことを知ろうともしてきませんでした(笑)。私もそれなりに鳥の名前が増えてきて、「川でキンクロハジロを見たよ」などといったら、「あそこにはキンクロはいない」と断定されてしまいました。あとで図鑑を見たら、よく似た別の鳥だったという…… 負けた。

 鳥を眺めるのはおもしろいですね。名前がわかって、種類を分けられるようになると楽しい。鳥なんてスズメとツバメとカラスぐらいしか知りませんでしたが、カラスですら2〜3種類いるんですね! 他にもいろいろな鳥がいて、豊かな自然を実感できるのはしあわせなことだと思うようになりました。そこで、PCを購入するために積み立てている預金をちょっと変更して、双眼鏡を買おうかと思っています。私の父が立派な双眼鏡を持っていますが、そんなに大きなものでなくてよい。子どもも使うので、10倍程度で手頃なものを探してみようと思います。近所で自然観察を教えてくれるところにいって、オススメを聞いてこようと思っています。

 子どもと一緒に鳥を見るなんて、よい趣味ですね! 5年前、いや3年前ですら、自分がこんなことに興味を持つなんて思ってもいませんでした(笑)。

【関連記事】
「新・山野の鳥」、「新・水辺の鳥」
posted by zxcvaq at 06:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド