2009年02月14日

PRESIDENT 2008.12.29号 その2

昨日に続いて「PRESIDENT (プレジデント) 2008年 12/29号 [雑誌]」です。今回二つ取り上げます。ひとつは「職場の心理学第208回 なぜアサヒビールの社員は1%も辞めないのか」について。

 アサヒビールって社員が辞めないんですね。すごいです。「愛社精神」なんてカッコ悪いといいますか、自分の仕事をしていさえすればよいのではないかと。「社長を男にしたい」だって! 私の務める会社ではちょっと考えられないですね、私自身も(笑)。愛社精神が大事だとは思いますが、自分の会社を「胸をはって」話せるだろうかと問われれば……? アサヒビールは人を育てることに非常に力を注いでいます。
(1) 「先輩と後輩の“熱い紐帯”を醸成する『ブラザー(シスター)制度』」(p.154 3段目)
(2) 入社2〜3年目および中途入社の社員を対象にしたキャリア面接
(3) 会社と社員の関係を「グループ人事基本方針」により規定
(4) 人事方針のキーワード「新・成・気・結束」→処遇制度への反映
(5) 上司の最大ミッションは「部下の育成」
 「社員の育成」をテーマにした大ディスカッション大会を開催したり、全所属長を対象にしたコーチング研修(丸一日かけて実施!)など、社全体で「人材育成」に力を注いだ結果が冒頭の「愛社精神」なのです。これはいくつか、自分の会社でも参考にしてほしいですね。

 もう一つは飯島勲氏の「リーダーの掟」その5。「検察・警察との戦い方指南」。私はたぶん検察や警察と戦うことはないと思うのですが(笑)、自分に正義があり、戦わなければならない状況が生まれたときのために。
(1) 当局の本気度を確認するため、本籍地の役所で戸籍謄本や住民票が最近誰かに請求されたかどうか確認。
(2) 連行時の服装、スーツにネクタイは不可。
(3) 家宅捜索令状には、無関係の部屋や部署は「不同意」できる。
(4) 家宅捜索では洋服ダンス、周辺宅配業者の伝票が調べられる。
(5) 12月4日までに逮捕されなければ、年内は自宅で過ごせる。
 検察・警察と戦うことがあればぜひ参考にさせていただきます。

【関連記事】
PRESIDENT 2008.12.29号 その1
その他のPRESIDENT記事

posted by zxcvaq at 07:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | PRESIDENT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド