2008年12月23日

「考えさせられ」たその結果は?

「考えさせられる」は何も考えていない証拠について。

本当に、そのとおりだと思います。便利なのでつい使ってしまう気持ちは理解できます。私も以前はそうでしたし(笑)。

 「考えさせられる」に具体性がない場合は却下。「考えさせられた」内容に言及していない場合は指摘します。ブログを読む際にも、「考えさせられた」と出てきた時点で、ブログ筆者がどのあたりをどう「考えさせられた」のか推察できない場合には読み飛ばします。ソースが明示されており、「私も考えられる」ものであればもちろん問題ないですよ。私が私なりに考えますので。

 私がハンドリングする会議であれば、「考えさせられた」はいい直してもらいます。「どう考えさせられましたか」、「考えさせられた結果、あなたは何をしますか?」、「それであなたは今日から何ができますか?」と。同様の言葉に、「勉強します」「がんばります」などがありますね(笑)。いきなりだと悪いので、2回目以降から聞きます。「前回も『勉強する』と聞きましたが、勉強した結果はどうでしたか?」、ここでぐっと詰まる(笑)。「では、何が勉強になったのですか?」 それは○○とか(ゴニョゴニョ)…… 「ではその結果、何が変わりましたか?」 緊張感が走ります。イヤな奴ですね(笑)。

 もっとも、こう聞かれて「ああ、おれってダメな奴」と卑下する必要もありません。話を聞いて感動して、「よし、明日から変わろう」と思ったその気持ちに偽りはありません。だからこそ、誰かに「あれ、やったの?」と聞いてもらうほうがよいのです。あえて厳しい聞きかたをしてもらうほうが絶対に本人のためだと思うし、実は私自身のためなのです。厳しく聞いておいたら、私へも「それであなたはどうなの?」と聞いてもらえますから。

 何か行動に移さなければ、勉強した意味はありません。「勉強する」という言葉自体には何の意味もない。私にとって大事なのは私だけ。他の人に変わってほしいなどとおこがましいことを考えているわけではないのです。実は私自身が、聞いたことを行動に移すために、たずねているに過ぎないのです。

 うちの子どもも、「がんばる」といったら却下ですね。「何を、どう」について言及しろと。私自身も子どもに対して「考えろ」だけをいうことは絶対にない。漫然と考えても時間の無駄なので、ヒントを与える。たとえば、今何をしたらよいかを考えるのであれば、これからする行動に対する準備を具体的に考えさせる。「考えさせっぱなしにしない」といえばいいのかな? 大人の側は答えを知っていて聞くことが多いですから、ずるいといえなくもないのですが(笑)。

 また、これは以前書いたことがありますが、「させてもらう」という言葉も嫌いです。私は、受動的に自分の意志とは関係なく、「〜させられる」のはイヤなのです。自分から選び取って、能動的に「〜した」と言うようにしています。いちおうTPOはわきまえていますので、「させてもらう」と言わないわけではないですよ。しかし、ほとんどの場合は言わないですね(笑)。

【関連記事】
「させてもらう」
斎藤孝、梅田望夫著「私塾のすすめ」
梅田望夫著「ウェブ時代をゆく」
posted by zxcvaq at 07:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド