2008年12月05日

PRESIDENT 2008.11.3号 その1

PRESIDENT (プレジデント) 2008年 11/3号 [雑誌]です。特集は「年収2000万の手帳術」。手帳ネタは私のブログでもしばしば取り上げていますが、けっこうアクセスがあります。皆さん関心が高いようです。私も文房具屋にいくと、よく手帳の前にいます(笑)。今の時期は日付入りの「年版」カレンダですが、半期用とか、最近は年中ありますね。

 特集の冒頭では5人の経営トップの手帳またはメモに対する考えかたが紹介されています。さぞかし凝ったものが出てくるかと思いきや、ブリヂストンの荒川詔四社長は「会社から支給されるブリヂストン手帳」、楽天の三木谷社長は「資料の裏」、SBIホールディングスの北尾吉孝CEOは「持ったことがない」……  他の二人もごくありふれたもの。「どれにしようか」と悩むのがなんかアホらしいような(笑)。
 ブリヂストンの荒川氏は「スケジュールは自分の手帳で管理」。メモは取らないそうです。でもそれは秘書や担当者に直接電話して確認できるから。これは社長の強みですね。スピード感覚が大切とのこと。自分でやらなければならないのなら、結局メモを取っておくほうがよいですね(笑)。その点で、コマツの坂根正弘会長は手帳の実行日の欄にキーワードで記入、商船三井の芦田昭充社長は記事を切り抜いて手帳に数字を「収集」。これはいわゆる「自分辞書」的な使いかたでしょう。楽天の三木谷氏はさすがIT系、携帯からPCに「一行メール」。手帳はあくまでも思考のツールの一つに過ぎないので、手帳の活用方法だけを聞いてもあまり参考にはならないですね。他のツール、あるいは考えかたと一緒にしてみないとあまり意味はないので、そのあたりはご注意ください。

 続いて、小宮一慶氏による「メタボ時間『撲滅の秘訣』すべて教えます」。私自身もいくつかピックアップ。できていないこともありますので。
(1) その日の予定は前日の夜までに確認しておく
 これは私も注意しています。けっこう忘れるのですが(笑)。当日の朝ではなく、前日。そして、かならずToDoリスト(ノート)に書いておく。私は時間の割り振りは当日の朝のミーティング後にしますが、「何を」までは前日に詰めています。しかし忙しい大変なときはなおざり(笑)。
(2) すきま時間の活用を工夫している
 私は本とメモが必需品です。しかし会社では、空いた時間はネットを見ています。これは悪い習慣。
(3) 休日にスキルアップや勉強の時間を設けている
 時間だけは取っていますが、なかなか勉強にあてられることがないです。「将来のための投資」と、意識できていないからでしょう。
 なお、残業はしていますが、休日出勤はあまりありません。
(4) 目標は立てっぱなしでなく、達成できたか検証する
 長期目標は決めています。年間目標も決めていますが、長期目標と必ずしも連動していません。このあたりが私の課題。小宮氏は「目標設定をして、それを日々の行動に落とすところまでは比較的簡単」(p.46 4段目)とおっしゃっています。私は苦手。ぜひ来年の計画は、長期目標を意識したものにしたいと思います。
(5) 大切な人と過ごす時間をあらかじめブロックする
 これはなるべく心がけていますが、本文中でも述べられているとおり、サラリーマンは必ずしも自分の思い通りにはいきません。ただ、予定はあらかじめ会社内で公表し、協力してもらえるように努力しています。
(6) 目標を行動計画に落とし、そのための時間をブロックする
 スケジュール上に落とすところまでは私はやっていません。いや、やっているんですけど、結局「予定」で終わってしまっています。週末が夜遅かったり飲み会が入ったりで、ちょっともったいないです。
(7) 何も予定を入れない日・時間帯を意図的に設けてブロックする
 何も予定を入れない日というのは現実にはあります。ブロックをかけて、では自分のために時間を使っているかというと、そうではない。ぼーっとしてしまっています(笑)。
(8) 予定の始まりだけでなく終わりの時間も書く
 これは当然です。Googleカレンダでは、必ず終わりの時間も入れないといけませんから。
(9) 読んだ本、見た映画、食事などの体験も書く
 私は手帳には書いていません。でも記録は5×3カードに取り、最終的にネット上にあげます。このメモは自分のwikiにつけて、そこから場合によってはこのブログに転送しています。
(10) 過去のページを振り返ってときには行動を見直す
 これはやります。おもしろいですからね。子どもがしゃべったことなど、ときどき思い出しては妻に話したりして、笑いのネタにしています。
(11) PDA・携帯・webのカレンダーを使いこなす
 便利です。手帳だと、書いたことを忘れる(笑)。でも携帯やwebは、アラートが出るので、忘れっぽい私には必須。またカレンダーの共有は便利です。私が忘れていても誰かが覚えてくれている。ちなみに表題とは少し違いますが、年収2000万クラスは大判の手帳は使わないそうです。ポケットに入るタイプが主流。私はA5ノートにしろトラベラーズノートにしろ、ポケットには入りません。
(12) スケジュール欄にメモのスペースがあるタイプを選ぶ
 これはいかがでしょうか? あまりカレンダにかかわらず、開いたところに適当にメモを取ることが多いような? ちなみにトラベラーズノートは、見開き1週間バーティカルで、メモ欄は下についています。土日は時間はなく、am/pmでわけてある。使いやすさは実際に使ってみて判断したいと思います。
(13) 大まかな項目ごとに収入と支出を把握している
 私はやっていないですが、できているといえばできていますかね? 支出の多くはカード払い、または口座引き落としなので、漠然とわかっているとは言えます。頭の中はお金のことしかないですし(笑)。
(14) 定期的にモノを捨てる習慣がある
 「定期的に」はないですね。決意したらまとめて捨てますが、ならせば年に2回ぐらいの頻度でしょうか? ただしこれは今年からの習慣です。完全に身についたと言い切る自信はまだありません。
(15) やらないことを決めている
 これはよく聞くのですが、私はきちんと明文化してはいないです。はっきりと書き出しておこうといつも思っているのですが。小宮氏はToDoリストをつくる際、緊急度・重要度マトリクスを作るそうです。これは私はあまり意識していません。とかく「緊急度」だけで判断している。これは自分の行動を見直そうと思います。

 この特集、PRESIDENT 2008.11.3号 その2に続きます。



【関連記事】
PRESIDENT 2008.11.3号 その3
PRESIDENT 2008.11.3号 その2
マンダラート風メモの取りかた
PRESIDENT '08.2.18
その他のPRESIDENT記事
posted by zxcvaq at 06:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | PRESIDENT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド