2008年12月04日

家計の金融行動に関する世論調査について

友人との話の中で、貯蓄に関する話が出てきましたので、そういえば私も最近のデータを見ていなかったと思い、金融公報中央委員会によるを見てみました。今年の分は調査時期が今年の6月10日から7月18日まで。10月28日公表となっています。調査対象数7,968名に対し、3,886名(48.8%)が回答、調査結果は9割がた信用できますね。

 二人以上世帯では、全世帯平均で1,152万円を保有、中央値は430万円。貯蓄保有世帯では、平均で1,508万円、中央値は750万円となっています。金額は前年と比べて低くなっています。9月に株価が大きく下がったので、現在はこれより少ない金額になっているでしょうが、おおよその傾向は変わらないでしょう。

 平均、あるいは「標準的な」貯蓄保有額を知ったところで金融行動が変わるわけではないのですが、「世の人はたくさんたくわえがあるんだなー」と感じられる人が多いのではないでしょうか? 国勢調査によると、日本の世帯数の推移は2005年調査で4906万3000世帯。単独世帯はおよそ1500万、二人以上世帯を3500万世帯とします。無貯蓄世帯がおよそ20%ほどですから、700万世帯は預貯金がない。これも意外と多いと思われる人が多いのでは? 一部の人が資産家で、ぜんぜんない人も1/5。

 借入金をみると、全体で532万円、借入金のある世帯では1353万円で、そのうち1205万円が住宅ローン。ちょっといびつですね。しかし住宅ローン以外に、お金を借りる機会もほとんどないような? ちなみに私はカードの支払いで毎月借金をこさえては返す生活です(笑)。それ以外の借金はありませんが。

 他に、日常的な金融決済手段が問われています。高額ほどカードの割合が高く、電子マネーは一番多い1000円未満で3%とのこと。私もEdyを使っています。小銭の計算や、もっというと持って歩くのが大変なので、少額決済ほどカードや電子マネーの使用が便利だと思いますが、いかがでしょうか?


【関連記事】
家計貯蓄率さらに低下3.1%、過去最低を更新
「子どものくらしとお金に関する調査」

posted by zxcvaq at 07:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド