2008年11月19日

金融音痴日本

インターネット放送局「くりらじ」の一番組、「教えてひろみん!暮らしにまつわるお金の話」のひろみんさんからコメントをいただきました。ありがとうございます。今日はこのコメントについて。

 コメントの中に「金融大国日本は金融音痴日本」とありました。本当にその通りだと思います。

 日常生活の中でもお金の話をすることを好まず、むしろ「金融音痴」であることを誇っているような面もあります。

 給料が増えない、年金や医療費は足りない、高齢化が進むなど、私たちにとっては今後逆風が吹き荒れるであろうと予測しています。資源価格も下がっているのは一時的で、長い目で見れば上昇するだろうと思います。そのなかでひろみんさんがおっしゃるように、私たちはきちんとした金融知識を身につけ、お金に向き合っていくべきだと思います。それはたんに「預貯金を増やす」ことだけではない。日垣隆氏は「貯金しなくても良いようなキャッシュフローを、常態化する」(「ラクをしないと成果は出ない」、p.138)とおっしゃっていますが、「貯金しない」ことを勧めているわけではありません。お金の使いかたとして、住宅ローンを組んで家を買うことが人によっては「無意味」であることを感じ取れるような感性を磨いていく必要があると思います。

 お金は貯めることが目的なのではなく、使うための手段です。将来の安心を得るのと同じように、今の生活を続けていくためにお金は必要です。同時に、生活には楽しみも必要です。お金はここでも私たちになくてはならない。お金は生活のツールの一つにすぎませんが、それはとても重要なものです。「小さな街からの、私の小さな動きですが、「普通の人」が将来を安心して過ごせるためにラジオやセミナー、個別相談を通じて、発信していきたい」といわれるひろみんさん、私も応援しています。

 私はブログの名前こそ「地に足のついた投資」を語っていますが、中味は雑多(笑)。しかし投資については今後も細々と(笑)続けていきます。ここでもその一端を発表していきます。お金についてあまり語っていないのが「看板に偽りあり」みたいなかんじでちょっと気が引けるのですが(笑)……

【関連記事】
「教えてひろみん!暮らしにまつわるお金の話」について
posted by zxcvaq at 06:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド