2008年11月16日

PRESIDENT 2008.10.13号

特集は「学歴と『10大』格差」。この手の特集は自分の出身大学をつい探してしまうので、冷静に読むことができません(笑)。自分の出た大学が世間的にどう見られるのか? 私が卒業したころとほとんど変わっていないとは思うのですが、気になります。メジャーになったわけではないですが、マスコミなどへの露出度は上がったかなと思うこともあります。

 最初に食品、化学、広告、電機、流通各社の人事部の座談会で、大学を評価しています。東大が必ずしも賞賛されてはいませんが、私が知っている東大卒は頭がいい上に性格も良くて、その上家まで金持ち、みたいな人が多いです(笑)。どこにいっても使えるだろうと思わせるような人が多かったです。私の出身も頭が良くて性格のいいやつが多かったように思いますが、ひいき目ってヤツでしょうかね(笑)。

 続いて、「わが子を入れたい『学校・会社』ランキング」。大学は本文中では相変わらずひとこともふれられていません(笑)。一方の会社ランキングでも、私がかつて勤務していた会社は出てきませんね。給料もそんなに悪くないし、いい会社だと思うのですが、あえて「わが子を入れたい」とは思わないのでしょう。しかし、私自身は別に大学なんてどこでもいいと思いますし、「入れたい会社」なんて思い当たらないですね。たぶん親の多くも、「どうでもいいけど聞かれたから答えた」程度ではないでしょうか。「わが子にいくら稼いでほしいか」ではモードが1000万〜1500万なのに、「わが子にどこまで出世してほしいか」では「出世しなくていい」…… 明らかに矛盾ですが(笑)、本音なのでしょう。ただ、仮に500万〜1000万というくくりを作ると、こちらが最頻値になりますから、大企業に入ってぬくぬくした環境でのんびり過ごせということでしょうか? 変な親ですね(笑)。
 もう一つ、年収 1000万以上を対象にした調査で、学卒・院卒と高卒以下、および年収2000万以上と以下で、わが子を入れたい大学と入れたい会社を調査していますが、少ないサンプルの中であえて分析した結果は、「少なくとも世の中で勝ち組といわれる程度の年収は稼いでほしい」とのこと。もちろん稼げるものなら稼いでほしいですが、私のように田舎に住んで、年収300万で楽しく暮らすのも悪くないですよ(笑)。調査の最後に、「日本社会の中で世代を超えても相互に行き来できない階層があるとすれば、年収2000万ラインではないか」とありますが、そうなんですかね? 「1000万〜1500万円層はエスタブリッシュメント意識を持っていない」というのには同意しますけど、2000万ラインに断層があるかといわれると、正直わかりません。ここにあらわされた結果だけを見ては、そのような結論は持てませんので、何か別の調査があるのかもしれませんね。

 特集の3番目は「出世、年収…… 『10大格差』大学・学部別全データ」。「年収1000万以上稼げる大学」、「給料が高い会社に入れる大学」と、収入に関する2つの部門で名前が出てきます。たしかに同級生たちは稼いでいます。私には関係ないのですが(笑)。

 この後特集は続いていくのですが、私は大学の同窓生(すごく稼いでいる連中がたくさんいる)、あるいは会社の同期(これまた年収は軽く1000万以上)の人たちが正直うらやましいのですけど(笑)、年収が少ないながらも自分を見失わずに仕事し、夜は早く寝て朝早くブログを書いている自分も、収入面で負け組ではあっても幸せな人生を歩めていると思っています。「就職のために大学に入る」のでは少し寂しい気がします。もちろん将来を見据えて入る大学を決める人もたくさんいるでしょうけど、やりたいことが見つからずに偏差値で大学に入る人(私がそうだった)もいるだろうし、いろいろな理由で考えを変える人も少なくないだろうと思います。大学では新しい出会いもありますし、なんだって勉強できる場です。大学にこだわる必要はないと思いますが、アルバイトなどで社会との接点もありますし、大学がモラトリアムであってよいと私は思っています。

 ここまで書いて、結局私は「自分がいることのできなかった場所」へのあこがれといいますか、ありていにいうと敗北者の視点というか、私自身ではなく、「友達がすごい」とか「知り合いがすごい」とか自慢する低レベルの人みたいに思えてきました。私はコンプレックスの固まりなのです。大学が出てくるとつい反応してしまいます。東大みたいな「一流」にはなれなかったし、東京でのサラリーマンも続かなかった。それでもかつてPRESIDENTが対象とするような場所にいたという…… 思いは複雑です。

 ついでに、「少子化でも生き残る本当に強い大学ランキングトップ100」というのがあります。同じような時期に出ましたね。参考までに。地方の大学もけっこうがんばっています。

【関連記事】
大学生活をやり直すなら
学歴格差大図鑑
その他のPRESIDENT記事
posted by zxcvaq at 06:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | PRESIDENT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109733982
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
タグクラウド