2008年11月12日

通勤立ち読み「ブックラリー2.0」について

おもしろいですね。Podcastで聞いています。私も読みそうな本を取り上げていらっしゃいますので、当方のブログとかぶることもあるでしょう。勝間さんの「お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践 (光文社新書)」は現に重なってしまいました(取り上げた時期はちがいますが)。ちなみにエンデの「モモ (岩波少年文庫(127))」もぜひいずれ取り上げたいと考えています(笑)。

 これまで10回程度を聞いたのですが、これをやっていらっしゃる集団はどのようなかたがたなのでしょうか? 話しぶりはプロらしからぬ感じですね(笑)。最初のほうはあの「棒読み感」がつらいです(笑)。素人の私が言うのは非常に僭越なのですが、ぜひ「伝える」ことを研究していただければと思います。これはナビゲータのスキルによるところが大きいのか? プレゼンの本を読んでいただき、どれだけスキルが向上するか、ぜひ身を持って(笑)実践していただきたいと思います。テレビやラジオの対談番組が、どのあたりまでシナリオがあるものか存じ上げませんが、「セリフ棒読み」な対談など聞いたことがありません。このPodcast、最初のほうは「台本を読んでいる」感じが抜けてない。内容がよいだけに、すごく残念です。

 「ブックラリー2.0」のサイトには、「カイゼン本舗」へのリンクがあり、
・番組内でメールのあて先が「カイゼン本舗」うんぬんとおっしゃっています。
・著者ご出演の回で、「タケノウチさん」と話しかけていらっしゃる部分がありました。
というわけで、「カイゼン本舗」という組織を主宰していらっしゃる竹之内隆さんというかたが中心になってこのPodcastをやっていらっしゃるようです。竹之内さんは明治大学ビジネススクール講師とのこと。このかたは話しなれていらっしゃって、安心して聞くことができます。

 プレゼンテーションは重要です。しかし「この人は話がうまい」と感じる素人のかたは少ないように思います。人前で話される機会をお持ちのかたが少ないからでしょうか? 社内で研修発表会があると出かけるのですが、レポートをそのまま棒読みしているようなものを聞くと大変に腹が立ちます。わざわざ時間を割いて来ているのだから、せめて会場の人に語りかけろと。私たちは新しい気づきを求めて時間外にわざわざ出てきているのに…… ペーパーを配って終わりなら、そのほうが時間を無駄にしなくて済みますからね。これだけは伝えたいというようなものを、聞いている人に感じさせるような発表をお願いしたいと思っています。

 webには、プレゼンのコツのようなものがよく上がっています。最近はてブで見つけましたが、「シゴタノ!  聞き手を惹きつけるプレゼン術」「IDEA*IDEA プレゼンハック 〜プレゼン改善のための10個の小技〜」などは参考になると思います。しかし、このPodcastはそれ以前の問題。せっかく自分の言葉で語っていらっしゃるのですから、「どう伝えるか」をぜひ改善していっていただければと思います。これからも聞きますので、どうぞよろしく!

【関連記事】
PRESIDENT 2008.8.18. その1
PRESIDENT 2008.8.18. その2
posted by zxcvaq at 07:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド