2008年10月11日

大学生活をやり直すなら

増田さんの「大学生が覚悟すべきこと」について。

 私もかなり同感です。私は文系の大学に通っていて、まさにここで語られているのと同じでした。1年のときは、「やりたいことを4年間で見つけよう」と思っていました。2年のときは「まだあと3年」。しかし4年になったら「もう時間がない」。モラトリアムな時間をすごしてしまった。それなりに楽しい時間でしたし、振り返ってまったくムダだったとも思わないのですが、もしもう一度帰れるものなら大学生活はやり直したいと思うことがあります。あのときの4年間があったから今の私があると思うので、後悔は特にないのですが。

もし仮にやり直すことができるのであれば、
(1) 勉強しなおす
 語学はきちんとやり直したい。そしてできればもう一つ、スペイン語が中国語かフランス語か、何でもよいのですけど、勉強したい。学生時代はかなり暇でしたから、もうひとつぐらいは何か語学ができたなと思います。ラテン語なんてかっこよかったでしょうね(笑)。

(2) 本を読む
 古典を読んでおくべきでしたね。今からテツガク書なんて読みたくても読めません(頭がついていかない)から、わからないなりにも目を通しておけばよかったと。ま、これも今から読めばいいわけですけど。

(3) 女の子とつきあう
 これは! もう少し積極性が自分にあったらと思います。今の妻に不満はないですけど(笑)。たぶん女性とつきあっていれば、世界が広がったのではないかと思います。これは今となってはできませんね(笑)。

 遊びは年をとってからでもできますが、勉強はなかなかできないですね。若いうちでないとできない遊びもありますけど(笑)、今からやり直すならば、もっと勉強しておけばよかったと思います。今となっては時間をとって勉強するのは、どうしても仕事のことが中心になります。仕事とまったく関係ないところで(語学は仕事と関係ないな)勉強できるのは楽しいだろうと思います。

 以前に書いたようにも思いますが、もう一度学生生活ができるのであれば、ぜひ経済学かデザインですね。ちなみに子どもに進路を相談されたら、理系の学問…… 工学部あたりを勧めるかな? 根拠はといわれると困りますが(笑)、理系の友人(機械工学科出身)を見ていると、随所に自分との違いが見えて、私はそれをひとくくりに「理系的センス」としていますが、物事をロジカルに考えていく姿がカッコイイなと思っています。

 あと、コメントにありましたけど、サークル活動もしておけばよかったと思います。特に体を動かすやつ! 本格的ではなくても、何かしておけばよかった。もっと友人関係が広がっただろうにと残念に思います。

【関連記事】
子どもの地頭力
「超」勉強法
posted by zxcvaq at 05:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド