2008年10月06日

ノートとメモ

山崎元氏の 「使えるノートへのあこがれ」について。

 コメントの中にあったのですが、まさに私は「記憶より記録」を意識して、いろんなことをメモしておくのを心がけています。その意味で、ノートとメモを常に持ち歩くようにしています。子どもっておもしろいことをいいますよね。なにげないひと言が場の空気を変えてくれることがよくあり、そうした言葉を書き留めています。

 仕事でも、「記録しておけばよかった」と後悔することが、今でも少なからずあります。そうした思いをなるべく減らせるように、何でもかんでもノートやメモに書きためておきたい。そして書いたものは一元管理。業務については、関連するものをノートに全部貼るか、転記しておきます。これでノートさえ開けばすべてわかる状態にしておく。

 私のノートやメモについては、これまでにも何度か述べてきていますが、このところはずっとA5ノート(これはもう5年ぐらいになります)と5×3カード(こちらはまだ1年にならない)と名刺サイズのカード(これは1年ぐらい?)に落ち着いています。来年からはいよいよトラベラーズノートを持ってみたいと思っています。現在、スケジュールはすべてGoogle カレンダーを使っていますが、これをA4にプリントアウトして持つとき、たぶんトラベラーズノートのサイズは便利なのではないかと。そろそろ2009年版が出ているようですので、近いうちに購入します。

 「メモに関する方法論」は人によっても違います。私の中でも常に変化していて完成形はいまだ見えてきておらず、これからも追求していく余地があります。ベストは何かを常に模索しながら、日々ノートやメモを残していきたいと考えています。しかし、文房具屋さんはおもしろいですね。小さな文房具屋さんでも、1時間ぐらいは簡単に時間がつぶれます(笑)。

【関連記事】
仕事ができる人のノート術
my HipsterPDA
リストにする
posted by zxcvaq at 06:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Lifehack | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
タグクラウド